ペットと防災 ペットの暮らし

ペットの防災・避難用品は何を何日分用意する必要がある?

更新日:

ペットの防災・避難用品は何を何日分用意する必要があるか?

ペットの防災・避難用品は何を何日分用意する必要があるか?

自治体から避難指示等が出たら速やかにペットを連れて避難所に向かいましょう。

その時に揃えておきたい物は以下の通りです。

 

避難所に連れて行くのに必要なもの

犬の場合

  • 首輪とリード
  • (小型犬などはリードを付けた上でキャリーバックに入れる。)

猫の場合

  • キャリーバックやケージ
  • (キャリーバックなどの扉が開かないように、ガムテープなどで周囲を固定する。)

(出典:環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」)

災害直後に慌てなくて済むように、事前に避難所までお散歩してみることをお勧めします。

こちらの記事も宜しければどうぞ。

災害に備えてペットのしつけと健康管理を
【ペットの防災特集】災害時の避難所生活を想定したペットのしつけと健康管理

災害に備えてペットのしつけと健康管理を 前回は災害時にペットを避難所に連れて行くのは当然だということを書きました。 避難所にペットを連れて行った時に様々な問題が発生しております。 今回は安心してペットと避難所生活を送るための備えについて書きたいと思います。   ...

続きを見る

ペットの防災特集
【ペットの防災と被災】被災したらペットを避難所に連れて行く

ペットの防災特集です。 日本は世界でも有数の自然災害国です。 地震、台風、大雨・・・本当に災害が多い国です。 被災してしまうと自分のことを守ることで精一杯になります。 当社でも犬・猫を飼っておりますので、大災害が発生した場合にどうすれば良いのかを調べました。 ...

続きを見る

 

備えておきたい避難用品と優先順位

予め揃えておきたい備蓄品と持ち出す際の優先順位は以下の通りです。

出典:環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」

優先順位1 常備品と飼い主やペットの情報

  • 療法食、薬
  • フード、水(少なくとも5日分[できれば7日分以上が望ましい])
  • 予備の首輪、リード(伸びないもの)<
  • 食器
  • ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)
  • 飼い主の連絡先とペットに関する飼い主以外の緊急連絡先・預かり 先などの情報
  • ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)
  • ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報

優先順位2 ペット用品

  • ペットシーツ
  • 排泄物の処理用具
  • トイレ用品(猫の場合は使い慣れたトイレ砂) <
  • タオル、ブラシ
  • おもちゃ
  • 洗濯ネット(猫の場合)など
  • ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)
  • ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報

 

避難用品は何日分必要?

災害によっては電気・水道・ガスなどのライフラインが復旧するまでに時間がかかることがあります。

お住まいのエリア次第でも復旧の目処は大きく変わってきます。

避難所に行けば支援物資が届くようになりますが、ペット向けの療法食や特別食がすぐに届くとは限りません。

地域によってまちまちです。

東日本大震災ではこのようなこともあったそうです。

 

震災初期にはペット用の救援物資を運ぶ車両が緊急車両として認められず、ガソリン不足も加わり救援物資がすぐに届かなかったという報告もある。

環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」より引用

当ガイドラインでは少なくとも5日分、できれば「7日以上が望ましい」と記載されています。

7日分となるとかなりの量になるかもしれませんが、愛犬・愛猫は我が子も当然、愛しい家族です。できる限り備えましょう。

 

IDOG&ICATでも避難に有効な商品を販売しております。宜しければどうぞ。

iDOG&ICATで購入できる防災グッズ

iDOG&ICATで購入できる防災グッズ

 

 

-ペットと防災, ペットの暮らし

Copyright© IDOG&ICATブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.