IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時

猫を飼っていると「新たにもう1匹飼いたいな!」と思うことや、「道でひとりぼっちだった猫を拾ってきてしまった」などの状況になった経験はありませんか?

猫と暮らすことの幸せや、猫に対する気持ちを理解しているからこその行動だと思います。

しかし、多頭飼いを検討しつつも以下のような疑問を感じていませんか?

 

  • 先住猫と仲良くやれるかな?
  • 迎え入れるにあたって注意することは?
  • 猫同士の相性を判断するのにどれくらいの期間が必要なの?

 

そこで本記事では、猫同士の相性を見極めるためのおおよその期間と、迎える前に知っておきたい注意点を解説していきます。

多頭飼いを検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

猫の多頭飼いにおけるメリット・デメリット

多頭飼いは愛猫にとってメリット・デメリットが存在します。

メリット

メリットは主に2つです。

相手がいることにより運動不足の解消と、飼い主がいない時の寂しさが軽減されることです。

運動不足は身体的、寂しさの軽減は精神的な面でメリットがあります。

デメリット

猫の多頭飼いにおけるデメリットは、双方にとっての精神的なストレスです。

猫同士の相性が不良の状態で同居させ続ければ、継続的なストレスを抱え、健康面における悪影響を及ぼしてしまいます。

それほど猫同士の相性は重要です。

猫同士の相性を見極める期間は1週間~1ヶ月

猫同士の相性を見極める期間は、おおよそ1週間から1ヶ月ほどです

とはいえ、猫の相性によるところが大きいので一概には言えません。

先住猫とすぐに馴染む猫もいれば、長い時を経ても馴染めない猫もいます。

 

飼い主のNG行動パターンは、無理に仲良くさせようとすることです。

必要以上に近寄らせたり、同じ空間(部屋)に閉じ込めるようなことは、双方の猫にとって強いストレスになります。

 

焦りは禁物です。

気長に様子を見てあげましょう。

新しい猫を迎える前に知っておきたい3つの注意点

新しい猫を迎えるにあたって、事前に知っておきたい以下の注意点があります。

  • ケージに入れて対面させる
  • 先住猫を優先する
  • トイレを複数用意する

ケージに入れて対面させる

新入りの猫はケージに入れた状態で、先住猫と対面させるようにしましょう。

できれば別の部屋からスタートし、お互いに自分以外の猫がいることをなんとなくわからせるような状態にするのが理想です。

 

いきなり直接合わせるのはNGです。

喧嘩する可能性もありますし、それがきっかけで双方怪我を負ってしまうかもしれません。

また、猫は縄張り意識が強いので、縄張りに入られることでもストレスを抱えてしまいます。

 

これらのことから、最初は新入り猫をケージに入れておく必要があります。

先住猫を優先する

もともと飼っている先住猫を優先することが重要です。

 

先住猫は多くの場合、新入り猫が自分のテリトリーに入っていることで神経質になっています。

そのため、ちょっとしたことでもストレスを感じるようになっています。

例えば、新入り猫ばかりを可愛がるといった行動は先住猫の嫉妬に繋がります。

 

このことから先住猫を優先し、今まで以上にスキンシップを取るようにしましょう。

トイレを複数用意する

トイレは必ず複数用意しておきましょう。

なぜならトイレは、人間と同様に猫にとってもプライベートな空間だからです。

そのため、トイレを置く部屋も分けてあげる必要があります。

 

トイレの数は、最低でも先住猫用と新入り猫用の2つは用意してあげたいところです。

さらに+1個あれば安心です。

【 猫 トイレ おしゃれ 】iCat アイキャット オリジナル ネコ型トイレット スコップ付

相性が良好になりやすいパターンと不良になりやすいパターン

相性が良好になりやすいパターンと不良になりやすいパターンが存在します。

具体的には以下の通りです。

  • 仔猫同士→良好
  • 大人のオス同士→不良

仔猫同士なら良好になりやすい

仔猫同士であれば、比較的良好になりやすいです。

 

また、大人の先住猫と子猫の新入り猫の組み合わせでも良好になる可能性と言えます。

なぜなら、すでに大人と子供という違いから、主従関係が自然と構築されるからです。

 

しかし、例外もあります。

猫の中には「一人っ子」タイプも存在し、先住猫がこれに該当する場合は難しいかもしれません。

一人っ子タイプの猫は、他の猫が来ることでストレスを感じやすくなるため、特に注意が必要です。

オス同士は難しい

大人のオス同士であれば、縄張り意識が強いため、相性的に不良になりやすいと言えます。

特に去勢前のオス同士であれば、本格的な喧嘩が始まってしまう危険があるため、注意が必要です。

 

喧嘩に至らずとも、先住猫と新入りの猫の双方にとってストレスになる可能性は高いでしょう。

猫同士の相性を示すサイン

猫同士の相性を理解できるサインがあります。

良好なパターン

猫同士の相性が良好なパターンででは、以下のような行動がみられます。

 

  • 体を擦り付け合う
  • 尻尾を立てて近づいていく
  • 相手をケアする(舐める)
  • 添い寝する

 

これらの行為は関係性が良好な証拠であるため、上記の行動を確認できたら安心です。

不良なパターン

反対に相性が良くない場合は、以下のような行動をとります。

 

  • 相手を威嚇する
  • 側にいることがない
  • 同じ空間にいようとしない
  • 戯れあいではなく、本気の喧嘩をする

 

これらの行動パターンは関係性が良くないと言えます。

明らかな威嚇行為や喧嘩であれば、わかりやすいですが、側にいることがなく、同じ空間にいようとしないことも良くありません。

 

飼い主は、ただなんとなく「こっちの部屋が良いだけなのかな…」と思っていても、実は一方の猫を避けている可能性があります。

先住猫、新入り猫の双方を良く観察し、関係性を探ることが重要です。

猫の負担にならないように、正しく相性を見極めよう!

猫の負担にならないように、正しく相性を見極めましょう。

 

人間に置き換えてみれば理解しやすいです。

あなたが「いきなり知らない人と同居しろ。」と言われて誰かを連れてこられたら、まず良い気持ちにはなりませんよね。

人間ほどとは言いませんが、猫も少なからず同様の気持ちになっています。

できるだけ先住猫の優先を意識しつつ、双方にストレスを与えないように工夫することが大切です。

 

多頭飼いそのものが「NG」というわけではありません。

猫同士の関係が親子や兄弟、友人のような関係になれば、それは先住猫にとっても新入り猫にとっても喜ばしいことです。

確実に仲良くなる方法は存在しませんが、多頭飼いを検討しているのであれば、相性における結論を急がず、気長に見守ってあげることが重要です。

大切な家族である愛猫に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛猫は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛猫の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛猫の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い猫のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛猫がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

愛猫の幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛猫が以下の状態であれば、知らないうちにストレスを抱えていたり、運動不足になっているかもしれません。

  • 今持っている遊び道具ではあまり遊ばない
  • つめとぎ器ではなく、壁でつめを研いでいる
  • 窓の景色に興味津々で、外に出たがっている

このような場合、愛猫が興味を示す「遊び道具」や、心地の良い「つめとぎ器」、万が一外に出てしまったときに備える「迷子札」などが有効です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛猫にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

猫グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の猫グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛猫が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛猫がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりの猫グッズはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

           

コンビニ後払い

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「LINE Pay」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。請求書は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

メール便(ネコポス)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30