IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
犬の食事の回数は1日に何回?ライフステージ別に見る適切な食事回数

あなたの愛犬が健やかに過ごせるかどうかは、飼い主の健康管理によります。

それには十分な運動や睡眠などが思い浮かびますが、忘れてならないのは適切な食事管理です。

しかし、犬の食事の回数や内容について、正しい知識を持っている飼い主さんは意外と少ないかもしれません。

 

犬の食事に関して、具体的に以下のような疑問を感じたことはありませんか?

  • 犬の食事は1日何回がいいの?
  • 犬の食事を1日3回から2回に減らすのはいつ?
  • 子犬の食事回数は?

 

実は、成長する子犬から元気いっぱいの成犬、そしてゆったりとした日々を過ごす老犬まで、それぞれのライフステージに最適な食事の回数があります。

また、特別なケアが必要な時期や、肥満を避け、健康的な体重を維持することも重要です。

そこで本記事では、ライフステージ別に適切な犬の食事の回数だけでなく、特別な状況下での食事回数の調整など、網羅的に解説します。

愛犬のために少しでも興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいね!

犬の食事の回数は年齢によって変わる

まず大前提として、犬の食事の回数は年齢によって変わります。

これは人間でも同様ですね。

つまり、年齢に応じて適切な食事回数を把握しておくことが重要になります。

 

犬の成長段階や活動量は、生後数ヶ月から老齢期に至るまで大きく変化します。

これらの変化に伴い、エネルギーや栄養素の必要量も変わるため、食事の回数を年齢や健康状態に合わせて調整する必要があります。

 

例えば、成長期の子犬はエネルギー消費量が高く、頻繁に食事を与えることで必要な栄養を効率よく摂取できます。

しかし一方で、成犬期には活動量に応じて、また老犬期には消化機能の衰えを考慮して食事回数を調整する必要があります。

適切な犬の食事の回数【ライフステージ別】

愛犬の健康を保つためには、ライフステージに応じた食事回数の調整が必要不可欠です。

生後から老齢期に至るまで、犬の身体のニーズは変化し、それに伴い食事の回数も変わります。

具体的に、ライフステージ別に確認していきましょう。

子犬:成長期に必要な栄養を効率的に摂取する

子犬は急速な成長と発達を遂げるため、必要な栄養素を十分に摂取することが重要です。

この時期の犬は、成犬に比べてエネルギー消費が激しく、食事の回数を増やすことで、栄養素の吸収と利用を最大限に高めることができます。

具体的に子犬の食事回数の目安は、以下の通りです。

  • 生後4ヶ月齢まで:1日4回
  • 4ヶ月齢~6ヶ月齢:1日3回
  • 6ヶ月齢~1歳:1日2回

成犬:活動量や体質に合わせる

成犬期には、犬の活動量や健康状態に合わせて食事回数を調整します。

適切な食事回数の目安は、以下の通りです。

  • 活動量の多い犬:1日2回
  • 活動量の少ない犬:量を調整し1日2回
  • 小型犬:消化器官のサイズを考慮し1日3回

老犬:体調に合わせて回数を調整する

老齢になると、犬の消化機能は徐々に低下します。

このため、食事の回数や量を犬の体調や消化能力に合わせて調整することが求められます。

  • 食欲が落ちている場合:少量を1日4回
  • 食べるのが遅い場合:1日2回

 

このように愛犬のライフステージごとに食事回数を適切に調整することは、健康維持に欠かせません。

飼い主としては、犬の年齢だけでなく、活動量や健康状態にも注意を払い、最適な食事計画を立てることが大切です。

もし愛犬の適量がわからなければ、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

犬の食事回数を減らす際の注意点

愛犬の食事回数を減らすときは、いくつか重要なポイントがあります。

適切な食事量の調整と、十分な水分補給がポイントです。

これらを適切に管理することで、愛犬の健康を維持しながら食事回数を減らすことができます。

一回の食事量を適切に調整

食事回数を減らす際には、愛犬に与える一回あたりの食事量を適切に調整することが必須です。

これにより、必要な栄養素を十分に摂取させることができます。

 

食事における適量の目安は、以下の通りです。

  • 成犬では、体重1kgあたり30~40gの食事を目安にします。
  • 小型犬の場合は、体重1kgあたり40~50gが適切です。
    ※小型犬は体重あたりの代謝率が高いことから、やや多めの食事量が推奨される。
  • 老犬には、体重1kgあたり25~35gを目安にすることが推奨されます。

とはいえ、これらはあくまで目安です。

実際には愛犬の活動量や健康状態に合わせて量を調整する必要があります。

特に活動量が少ない犬や、健康上の理由で食事制限が必要な犬では、これらの目安を下回ることもあります。

十分な水分補給

犬の食事回数を減らすことで、食事から得られる水分も減少するため、十分な水分を摂取できない可能性があります。

そのため、常に新鮮な水を飲めるようにしておくことが大切です。

また、ドッグフードに少量の水を加えることで、食事からの水分も増加させることができます。

 

水分補給に関して言えば、高温多湿の環境や運動後には特に重要となります。

愛犬がいつでもどこでも水分補給できるように、水の入れ物を複数用意するのも一つの有効な手段です。

特別な状況下での食事回数の調整

愛犬が特別なケアを必要とする状況下では、食事の管理もそれに合わせて調整する必要があります。

特別な状況下とは、例えば病気や手術後の回復期、肥満傾向にあるような状態を指します。

病気や回復期における食事管理

病気や手術後の回復期にある犬は、通常時とは異なる特別な栄養管理が求められます。

この時期の食事は、体力を回復させるために不可欠です。

 

病気の際は、犬が必要とするエネルギーや栄養素を確実に摂取できるようにするため、獣医師の指示に基づき、食事回数を調整しましょう。

回復期においては、消化が良く、栄養価の高い食事を少量ずつ、そして頻繁に与えるケースが多いです。

生き物として、栄養摂取の重要性は言うまでもありませんが、再発や合併症を防ぐためにも改めて重要事項だと再認識しておきましょう。

肥満傾向のある犬の食事管理

肥満は犬にとって多くの健康問題を引き起こす原因となります。

肥満体型による具体的なリスクは、以下の通りです。

健康面

  • 寿命が短くなる
  • 糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高まる
  • 関節炎や呼吸器系の病気にかかりやすくなる
  • 皮膚疾患や外傷のリスクが高まる
  • 麻酔のリスクが高まる

生活面

  • 運動能力が低下し、散歩や遊びが楽しめなくなる
  • 体重が重いため、階段の上り下りや車への乗り降りなどが困難になる
  • 毛づくろいが難しくなる
  • 暑さに弱くなる

これらのことから、体重管理は健康的な生活を送るために重要な要素になります。

 

体重管理を目的とした食事回数の調整では、カロリー摂取量をコントロールしながらも栄養バランスを保つことが重要です。

食事の回数を調整することで、一日の総カロリー摂取量を管理しやすくなります。

 

とはいえ、健康的な体重を維持するための食事量とその頻度は、犬のサイズや活動レベル、健康状態によって異なります。

獣医師と相談しながら、犬にとって最適な食事を与えてあげるようにしましょう。

参考:犬の肥満体型を解消したい!愛犬に適したダイエット方法とは? #191

犬の食事における誤解

犬の食事管理に関して、稀に誤解されていることがあります。

大事な家族の一員である愛犬のためにも、これらの誤解を正し、適切な食事量と回数、栄養バランスの重要性を理解しておきましょう。

多く食べれば健康に良い

「多く食べれば健康に良い」というのは、犬の食事に関する誤解の一つです。

実際には、適切な食事量と回数を守ることで、過剰な体重増加や肥満を防ぎ、糖尿病や心臓病などの健康問題のリスクを低減することができます。

つまり、犬のエネルギー需要はサイズ、年齢、活動レベルによって異なるため、一律に「多く食べること」が良いわけではありません。

 

むしろ過剰な食事は、消化器官への負担を増やし、栄養素の偏りを引き起こす危険性があります。

そのため、犬の体重や健康状態に合わせた食事を与えることが大切です。

栄養価の高い特定の食材を頻繁に与える

栄養価が高いものであっても、特定の食材だけを頻繁に与えることは良くありません。

単一の食材に依存することは、栄養素の偏りを招き、健康問題を引き起こすリスクを生じさせます。

 

犬にはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、バランスよくさまざまな栄養素が必要です。

つまり、さまざまな食材を与えることで、必要な栄養バランス良く得られ、犬の健康を維持できます。

 

ただし、犬に与えて良い食材と、避けるべき食材を理解しておくようにしましょう。

人間には体に良いものでも、犬には塩分過多であったり、健康を害するものが存在します。

参考:犬に食べさせてはいけないものとは?今すぐ飼い主が実践できる7つのこと

愛犬に合わせた食事の回数で、バランスの良い食事を与えよう!

愛犬の健康を守り、幸せな生活を送るためには、食事管理が非常に重要です。

食事管理に関して、具体的には犬のライフステージや健康状態に応じて、食事の回数や内容を調整することが挙げられます。

  • ライフステージに合わせた食事回数
    • 子犬期:急速な成長をサポートするため、1日4回から徐々に2回へと食事回数を減らしていきます。
    • 成犬期:活動量に応じて、一般的に1日2回。小型犬や活動量の多い犬は、消化を助けるために回数を調整します。
    • 老犬期:消化機能の低下を考慮し、必要に応じて食事の回数を増やすことがあります。
  • 特別なケアが必要な場合の食事管理
    • 病気や回復期には、獣医師の指示に従って食事回数や量を調整します。
      肥満傾向のある犬は、体重管理のために食事の量や回数を見直す必要があります。
  • 食事に関する誤解
    • 「多く食べれば健康に良い」という考えは誤りです。
      過剰な食事は健康問題を引き起こす可能性があります。
    • 特定の食材のみを頻繁に提供することは、栄養バランスの偏りを生じさせます。
      多様な食材からバランスの取れた食事を心がけましょう。

犬の食事回数に関して、ライフステージ別に適切な犬の食事の回数や、特別な状況下での食事回数の調整などを解説しましたが、あくまで目安として捉えてください。

人間でもそれぞれ食べる量が異なるように、犬も個体によって変動します。

そのため、愛犬の今の適切な量がわからない場合や、栄養バランスなど知りたい方は、一度獣医師に相談してみることも有効な手段です。

愛犬が長く健康的に過ごせるように、健康管理に重要な食事管理は積極的に行ってあげたいですね!

Q&A

Q1:犬の食事は1日何回がいいの?

A1:犬の食事の回数は、そのライフステージや健康状態によって異なります。一般的に、成犬は1日2回の食事が推奨されています。しかし、子犬や老犬、活動量が多い犬などは、そのニーズに合わせて食事の回数を調整する必要があります。

Q2:犬の食事を1日3回から2回に減らすのはいつ?

A2:子犬の食事回数を1日3回から2回に減らすのは、通常、6ヶ月齢から1歳の間です。この時期になると、子犬は急速な成長期を過ぎ、成犬に近づくため、食事の回数を徐々に減らしていくことが一般的です。

Q3:子犬の食事回数は?

A3:子犬は成長が早いため、多くの栄養が必要です。生後4ヶ月齢までは1日4回、4ヶ月齢から6ヶ月齢までは1日3回、6ヶ月齢から1歳までは1日2回の食事を与えることが推奨されています。

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■が定休日です。
           
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31