IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
犬のアレルギー症状とは?原因と飼い主ができる3つ対策を解説!

愛犬が元気で快適な日々を過ごすためには、日常のケアが非常に重要です。

特に、犬のアレルギーは、見過ごされがちながらも、彼らの健康に大きく影響します。

実際アレルギーは、犬の皮膚の痒みや消化器系のトラブル、そして時には呼吸器系の問題まで引き起こしてしまいます。

 

愛犬のアレルギーを心配するにあたって、以下のような疑問を感じたことはありませんか?

  • 犬に一番多いアレルギーは?
  • 犬がアレルギーかどうか調べるには?
  • 犬がアレルギーを起こすとどうなる?

 

犬のアレルギーの原因は意外にも多岐にわたります。

しかし、適切な対応とケアを行うことで、愛犬のアレルギー症状は大きく改善することが可能です。

そこで本記事では、犬のアレルギーの原因となるアレルゲンの特定方法、効果的な治療法、そして日常生活で飼い主ができる対策について、詳しく解説します。

大好きな愛犬が健康で快適に過ごすためにも、ぜひ最後までご覧ください。

犬のアレルギー反応の仕組みと発症しやすい犬種

まず犬のアレルギーの症状について、どのようなプロセスで発症するかを解説します。

また、犬種によっても発症する傾向が異なるため、事前に確認しておきましょう。

アレルギー反応の仕組み

アレルギー反応は、アレルゲンが体内に侵入した際に免疫細胞が過剰に反応し、ヒスタミンなどの化学物質が放出されることで痒み、腫れ、くしゃみなどの症状が現れるのです。

この反応は、体を守るための免疫システムの一部ですが、アレルギーのある犬ではこのシステムが過敏に作動することで、症状が引き起こされます。

参考:WebMD-Dog Allergies

アレルギーを発症しやすい犬種

特定の犬種はアレルギーを発症しやすい傾向にあります

具体的には、以下の通りです。

  • ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • ゴールデン・レトリバー
  • ラブラドール・レトリバー
  • ビーグル
  • シーズー

これらの犬種は遺伝的な要因や体質により、アレルギー反応を示しやすいと考えられています。

犬のアレルギー発症には、環境アレルギー、接触アレルギー、薬物アレルギーなど様々な原因があります。

その中でも、普段の生活圏内による「環境アレルギー」や「特定の犬種がアレルギーを発症しやすいこと」は、飼い主が意識しておくべきポイントです。

適切な予防策や早期治療によって、犬のアレルギー症状を軽減してあげることが可能だからです。

犬のアレルギー症状

犬のアレルギーの症状は、皮膚に関連するものが多く見られます。

その中でも特に多いものが、「痒み」です。

そのため、ここでは痒みとそれ以外の症状について確認していきます。

痒み

犬のアレルギー症状の中でも特に多いものが、激しい痒みです。

これは、特定の部位を執拗に掻いたり、体を床や壁に擦り付けたりする行動によって顕著に見られます。

また、耳を頻繁に掻くことや足を舐めることも、痒みによる一般的な行動です。

参考:犬が足を舐める理由とは?今すぐ実践できる3つの対処法も解説!

 

これらの痒みの原因は、アレルゲンに対する体の過敏反応にあります。

そもそもアレルゲンとは、ハウスダストや花粉、特定の食材など、犬の体にとって異物となる物質のことを指します。

これらの物質が体内に侵入すると、犬の免疫システムはこれを排除しようとして、炎症や痒みを引き起こす化学物質を放出するのです。

 

つまり、犬がこのように痒みを感じる行動を見せた場合、アレルギーの可能性が高いため、早期に対処することが重要です。

痒みを放置すると、擦り傷や二次感染などにつながり、症状をさらに悪化させる危険性があります。

その他の症状

痒み以外のアレルギー症状には、以下のような症状が見られます。

  • 皮膚が赤く腫れる
  • 脱毛
  • フケ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • くしゃみ
  • 鼻水

 

これらの症状も、アレルゲンに対する体の反応によるものです。

皮膚の赤みや腫れは、炎症反応によるものです。

 

また、嘔吐や下痢は、食物アレルギーの場合によく見られる症状で、消化器系への影響が考えられます。

くしゃみ、鼻水、咳は、呼吸器系へのアレルゲンの影響によるものが多いです。

 

総体的にこれらの症状が見られた場合は、アレルギーの可能性を疑い、獣医師に相談することが大切です。

適切な検査と治療により、愛犬の快適な生活を取り戻すことができます。

このように犬のアレルギー症状は、痒みや皮膚の変化から消化器系、呼吸器系の問題に至るまで、多岐にわたります。

犬がアレルギーを発症する原因

犬がアレルギーを発症する原因は、一概に断定できません。

実際には、以下のような要素が考えられます。

  • 環境アレルギー
  • 接触アレルギー
  • 薬物アレルギー

環境アレルギー

犬のアレルギーの一般的な原因として、環境アレルギーが挙げられます。

これにはアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ノミアレルギー、花粉症、ハウスダストアレルギーなどが含まれます。

これらは犬の日常生活の中で避けられない要素であり、特にアトピー性皮膚炎やノミアレルギーは多くの犬に見られる症状です。

接触アレルギー

接触アレルギーは、犬が直接肌で触れる物質によって引き起こされます。

例えば、シャンプーや首輪、さらには草木や虫などです。

つまり、直接的に犬の肌に触れることでアレルギー反応を引き起こすことがあります。

これらの物質が犬の皮膚に接触することで、痒みや発疹が生じることが一般的です。

薬物アレルギー

薬物アレルギーは、犬に投与される抗生物質やワクチンなどの薬剤に対して過敏反応を示す場合に発症します。

これらの薬物は犬の体内で異物として認識されることがあり、免疫システムが過剰に反応してしまうことでアレルギー症状が現れます。

犬のアレルギー症状の検査方法

アレルギーの正確な診断は、適切な治療法を施すために大切なことです。

犬のアレルギー症状の検査には、主に以下の3つの方法があります。

  • 血液検査
  • 皮膚テスト
  • 食物除去テスト

血液検査

血液検査は、犬の血液中にある特定のアレルゲンに対する抗体の量を測定する方法です。

この検査により、犬が「どのアレルゲンに反応しているか」を明らかにすることができます。

血液検査は比較的簡単に行え、犬に大きな負担をかけずにアレルギーの原因を特定することが可能です。

皮膚テスト

皮膚テストは、アレルゲンを含む液体を犬の皮膚に注入し、その反応を観察することでアレルギーを特定する方法です。

このテストは、特に環境アレルギーの診断に有効であり、アレルゲンに対する直接的な反応を観察できるため、高い精度で判定することができます。

食物除去テスト

食物除去テストは、アレルゲン疑いのある食物を犬の食事から除去し、症状の変化を観察することで食物アレルギーを診断する方法です。

これは、食物成分に対するアレルギー反応を特定するために用いられます。

そして、アレルゲンを特定した後に、その食物を犬の食事から排除することで症状の改善を図ります。

 

このように犬のアレルギー症状の診断には、血液検査、皮膚テスト、食物除去試験といった様々な検査方法が存在します。

これらの検査を通じて、犬のアレルギーの原因を正確に特定し、最適な治療法を選択することが可能となるのです。

犬のアレルギー症状の治療法

犬のアレルギー治療には、以下の3つの方法があります。

  • 原因物質の回避
  • 抗アレルギー薬の使用
  • 免疫療法

これらの治療法は、アレルギーの原因となるアレルゲンに基づいて決定され、症状の軽減を図るものです。

原因物質の回避

アレルギーの最も効果的な治療法は、アレルゲンとの接触を避けることです。

アレルゲンを特定した後、それがハウスダスト、花粉、特定の食品などであれば、環境を管理し、その物質との接触を極力避けることが有効です。

例えば、ハウスダストに反応する場合は、定期的な掃除を徹底し、エアフィルターを使用するなどが効果的な対策と言えます。

抗アレルギー薬

痒みや炎症を抑えるために、抗アレルギー薬が処方されることがあります。

つまり、薬剤によってアレルギー症状を軽減するものです。

具体的には「抗ヒスタミン薬」や「ステロイド」などが一般的に用いられます。

参考:Kingsdale Animal Hospital-Antihistamines For Dogs: When To Use Them, Dosage Schedules, And More

免疫療法

免疫療法は、アレルゲンに対する体の反応を調整する長期的な治療法です。

具体的には、少量のアレルゲンを体内に定期的に導入することで、徐々に体を慣れさせ、アレルギー反応を抑えていきます。

この治療法は、特に環境アレルギーに対して有効であり、多くの場合、獣医師のもとで行われます。

 

このように犬のアレルギー治療は、アレルゲンの特定から始まり、原因物質の回避、抗アレルギー薬の投与、免疫療法などの方法によって症状を改善していきます。

飼い主は、愛犬の症状を注意深く観察し、獣医師と相談しつつ、最適な治療法を選択することが重要です。

犬のアレルギーにおいて飼い主ができる3つのこと

犬のアレルギーに対して、飼い主にも可愛い愛犬のためにできることがあります。

それが、以下の3つです。

  • アレルギー症状の早期発見と治療
  • 適切なスキンケア
  • 定期的な獣医師への相談

アレルギー症状の早期発見・早期治療

犬のアレルギー症状は、早期に発見し対処することで、重症化を防ぐことができます。

もし重症化してしまうと、以下のような事態になりかねません。

  • アトピー性皮膚炎:皮膚がただれ、化膿したり、二次感染を起こしたりする。
  • 食物アレルギー:アナフィラキシーショックを引き起こし、呼吸困難や死に至る危険性まである。
  • ノミアレルギー:ノミによる皮膚炎がひどくなり、脱毛や皮膚の肥厚、二次感染などを引き起こすことがある。
  • 花粉症:結膜炎や鼻炎がひどくなり、呼吸困難や二次感染などを引き起こすことがある。
  • ハウスダストアレルギー:慢性的な皮膚炎や気管支炎を引き起こす可能性があり。

 

そのため、飼い主は犬の行動や健康状態に日頃から注意を払い、異常を感じたら速やかに獣医師に相談することが重要です。

例えば、犬が「特定の部位を執拗に掻く」、「皮膚に異常が見られる」などの初期症状に気づいた場合、これらはアレルギーの兆候である可能性が高いと考えられます。

適切なスキンケア

アレルギーによる皮膚の問題を予防するためには、適切なスキンケアが必要です。

これには、皮膚を清潔に保つための定期的なシャンプー、保湿を目的としたスキンケア製品の使用などが含まれます。

特に、乾燥した皮膚は痒みや炎症を引き起こしやすいため、保湿によって皮膚のバリア機能を強化し、アレルギー症状の発生を予防することができます。

定期的な獣医師への相談

犬のアレルギー状態は時間とともに変化するため、定期的な獣医師との相談が重要です。

獣医師は、犬の症状の経過観察や治療法の調整を行い、アレルギーを抑制してくれます。

例えば、仮にアレルギー症状が改善しない場合や、新たな症状が現れた場合には、治療方法の見直しなどが必要になることがあります。

 

これらのことから、犬のアレルギーにおいては、普段から飼い主の積極的なサポートが大切です。

愛犬をアレルギーから守るために適切な対策を講じよう!

犬のアレルギーは、環境アレルギー、接触アレルギー、薬物アレルギーなど、その原因となるアレルゲンはさまざまです。

これらのアレルギー症状を軽減し、愛犬の健康的な生活を取り戻すには、飼い主ができることとして、以下のような対策が挙げられます。

 

  • アレルギー症状の早期発見と治療
    異常な痒みや皮膚の変化に注意し、早期に獣医師に相談すること。早期治療により、症状の悪化を防げる。
  • 適切なスキンケア
    定期的なシャンプーと保湿を行い、皮膚の健康を保つ。
  • 定期的な獣医師への相談
    獣医師の診断を定期的に受けることで、犬のアレルギーの症状を軽減できる。

 

また、アレルギー症状の検査と治療には、血液検査、皮膚テスト、食物除去テストなどがあります。

これらの検査を通じて、アレルゲンを特定し、原因物質の回避、抗アレルギー薬の使用、免疫療法など、個々の犬に最適な治療法を選ぶことができます。

愛犬を少しでもアレルギーから守るために、適切な対策を講じてあげましょう。

Q&A

Q1:犬に一番多いアレルギーは?

A1:犬に最も多いアレルギーは、環境アレルギーです。これにはアトピー性皮膚炎、ノミアレルギー、食物アレルギー、花粉症、ハウスダストアレルギーなどが含まれます。

Q2:犬がアレルギーかどうか調べるには?

A2:犬がアレルギーかどうかを調べるには、血液検査、皮膚テスト、食物除去試験などの方法があります。これらの検査により、特定のアレルゲンに対する反応を確認し、アレルギーの原因を特定することができます。

Q3:犬がアレルギーを起こすとどうなる?

A3:犬がアレルギーを起こすと、痒み、皮膚の赤みや腫れ、脱毛、フケ、嘔吐、下痢、くしゃみ、鼻水、咳などの様々な症状が現れます。これらの症状は、愛犬の健康状態に大きく影響するため、早期の対処が重要です。

 

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■が定休日です。
           
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31