IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
犬が誤飲したときの症状とは?緊急時における飼い主の適切な対応策も

あなたの愛犬が健やかに過ごせるかどうかは、飼い主の細やかな観察と適切な対応にかかっています。

しかし、いくら注意深く観察しつつも、犬の好奇心旺盛な性質から、誤って危険な物を飲み込んでしまうことも考えが得られます。

 

もしもの時に備えて、以下のような疑問を感じたことはありませんか?

  • 犬が誤飲したあと、どのくらいで症状が出る?
  • 犬が誤飲したかどうか確かめる方法は?
  • 犬が異物を飲み込んだらどうすればいい?

 

実は、犬の誤飲は命に関わる深刻な問題につながる危険性があります。

異物の種類や量によって症状の現れ方は異なりますが、早期発見と迅速な対応が愛犬の安全を守る鍵となるのです。

そこで本記事では、犬が誤飲しやすいものや症状、万が一の際の飼い主の対応、そして予防策まで、わかりやすく解説します。

愛犬の健康と安全を守るために、少しでも気になる方はぜひ最後までご覧ください!

誤飲は犬の命に関わることもある(早期発見・早期治療が大切)

犬の誤飲は、最悪の場合、命に関わる深刻な問題になることがあります。

犬は好奇心旺盛な動物で、身の回りにある小さなものを口に入れてしまう傾向があるため、誤飲のリスクが高いのです。

 

誤飲した異物が体内で詰まったり、傷をつけたりすると、犬の健康状態が急激に悪化する可能性があります。

そのため、飼い主は犬の様子を普段から注意深く観察し、少しでも異変に気づいたら速やかに獣医師に相談することが大切です。

 

早期発見と早期治療により、犬の誤飲による危険を最小限に抑えることができます。

飼い主は、犬の誤飲を防ぐために環境を整えるとともに、万が一の事態に備えて適切な対応方法を知っておくことが重要です。

犬が誤飲しやすいもの

犬が誤飲しやすいものは、以下に分類されます。

  • おもちゃ・日用品
  • 鋭利なもの
  • 繊維製品
  • 人間の持ち物
  • 食品
  • その他

それぞれ確認していきましょう。

参考:犬が人の食べ物を欲しがる理由とは?今すぐできる5つの対処法を徹底解説!

おもちゃ・日用品

犬が誤飲しやすいおもちゃや日用品には、以下のようなものがあります。

  • 犬や子どものおもちゃ
  • 小さなボール (スーパーボールなど)
  • ビニール
  • ヘアゴム
  • ボタン (糸付きは特に注意)
  • ペットボトルのキャップ

これらのアイテムは、犬にとって興味をひく小さなものが多く、誤飲のリスクが高くなっています。

特に、犬用のおもちゃであっても、壊れたり小さな部品が取れたりすると危険です。

 

飼い主は、犬の誤飲を防ぐために、これらのアイテムを犬の手の届かない場所に保管し、こまめに点検して破損したものは取り除くようにしましょう。

また、犬におもちゃを与える際は、誤飲の危険性が低いものを選ぶことが大切です。

鋭利なもの

犬が誤飲した場合、特に危険なのが鋭利なものです。

以下のようなアイテムは、犬の消化器官を傷つける可能性があります。

  • 骨や竹串 (特に焼き鳥の串)
  • アイスの棒
  • 爪楊枝
  • ヘアピン
  • ネジ
  • クギ
  • 画鋲
  • マチ針
  • 薬のアルミ包装シート

これらの鋭利なものを犬が誤飲すると、喉や食道、胃や腸などに傷をつける危険性があります。

その結果、出血や炎症を引き起こし、場合によっては生命に関わる深刻な状態になることもあるのです。

犬の周りでこれらのアイテムを使用する際は、適切に管理し、犬が近づかないように注意しましょう。

繊維製品

犬は繊維製品も誤飲しやすい傾向にあります。

以下のようなアイテムは、犬が飲み込むと消化器官に詰まる危険性があります。

  • 綿
  • ひも (特に長いものは危険)
  • 靴下

 

これらの繊維製品を犬が誤飲すると、胃や腸に詰まって消化不良や腸閉塞を引き起こす可能性があります。

特に長いひもは、腸が絡まって深刻な状態になることもあるので注意が必要です。

繊維製品の中でも、古くなって破れたり解れたりした繊維製品は、速やかに処分するようにしましょう。

人間の持ち物

犬は人間の持ち物に興味を示すことがあり、以下のようなアイテムを誤飲する危険性があります。

  • 人間の薬
  • たばこ

 

人間用の薬は犬にとって有害なものが多く、誤飲すると中毒症状を引き起こす可能性があります。

また、たばこにはニコチンが含まれているため、誤飲した場合、ニコチン中毒になる危険性も生じます。

 

飼い主は、犬の誤飲を防ぐために、人間の薬やたばこを犬の手の届かない場所に保管することが大切です。

また、犬の前で薬を飲んだりたばこを吸ったりすることは避け、犬が近づかないように注意しましょう。

食品

犬は食べ物に興味を示すため、以下のような食品を誤飲する危険性があります。

  • 玉ねぎ
  • チョコレート

玉ねぎには犬にとって有害な成分が含まれており、誤飲すると貧血や胃腸炎を引き起こす可能性があります。

チョコレートには犬に有害な「テオブロミン」が含まれており、多量に摂取すると中毒症状を引き起こします。

犬に与える食べ物は、犬にとって安全なものを選ぶようにしましょう。

参考:命の危険も!犬がチョコを食べてしまったら?危険な量と対処方法

その他

上記以外にも、犬が誤飲する危険性のあるアイテムは数多くあります。

  • ボタン電池
  • 乾燥剤
  • 洗剤
  • ゴキブリ駆除剤
  • 観葉植物

 

これらのアイテムも、犬にとって有害な化学物質を含んでいたり、消化器官を傷つけたりする危険性があります。

飼い主は、犬の誤飲を防ぐために、これらのアイテムを犬の手の届かない場所に保管し、犬の周りで使用する際は十分な注意が必要です。

犬が誤飲した際の症状

犬が異物を誤飲した際には、さまざまな症状が現れる可能性があります。

飼い主は、犬の普段の様子から少しでも変化があれば、速やかに獣医師に相談することが大切です。

 

誤飲後の症状は、誤飲したものの種類や大きさ、量によって異なります。

小さなものを飲み込んだ場合、症状が現れないこともありますが、大きなものや鋭利なものを飲み込んだ場合は、以下のような症状が現れる可能性があります。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 呼吸困難
  • 喉の詰まり

 

嘔吐や下痢は、異物が消化器官を刺激することで起こります。

食欲不振や元気がないといった症状は、異物によって体調が悪化している可能性を示唆しています。

呼吸困難や喉の詰まりは、異物が気道を塞いでいる可能性があり、非常に危険な状態です。

 

これらの症状は、犬の誤飲を示唆するサインです。

飼い主は、普段から犬の様子を注意深く観察し、少しでも異変があれば速やかに獣医師に相談しましょう。

犬が誤飲した時の飼い主の対応

犬が異物を誤飲した時、飼い主は冷静かつ迅速に対応することが大切です。

パニックに陥らず、状況を正確に判断し、適切な行動を取ることが求められます。

落ち着いて状況を判断する

まず、飼い主は落ち着いて状況を判断する必要があります。

犬が何を誤飲したのか、どのくらいの量を飲み込んだのかを特定します。

また、犬の様子を観察し、嘔吐や下痢、呼吸困難などの症状がないかチェックします。

 

誤飲したものを特定することは、獣医師に正確な情報を伝えるために重要です。

犬の症状は、誤飲したものの種類や量によって異なるため、できる限り詳細な情報を収集しましょう。

 

また、犬の様子を観察することで、症状の重症度を判断することができます。

嘔吐や下痢が続いたり、呼吸困難が見られたりする場合は、緊急性が高いと考えられます。

獣医師に連絡する

状況を判断したら、速やかに獣医師に連絡をとりましょう。

獣医師には、誤飲したものの種類や量、犬の症状を正確に伝えることが大切です。

これらの情報を元に、獣医師は適切な処置方法を判断します。

 

場合によっては、自宅で様子を見るよう指示されることもありますが、症状が重篤な場合は、速やかに動物病院へ連れて行く必要があります。

飼い主は、犬の誤飲時には冷静さを保ち、迅速かつ的確に行動することが求められます。

状況を正しく判断し、獣医師との連携を密にとることで、犬の安全を守ることができるのです。

犬が誤飲しないための3つの対策

犬の誤飲を防ぐためには、飼い主が積極的に対策を講じることが不可欠です。

以下の3つの方法を実践することで、犬が異物を飲み込むリスクを大幅に減らすことができます。

  • 犬の届かないところに誤飲しやすいものを置かない
  • 犬のおもちゃは誤飲の危険性がないものを選ぶ
  • 犬に与える食べ物は安全なものだけを与える

 

まず、犬の誤飲を防ぐためには、犬の生活環境を整えることが大切です。

犬の届く範囲に、異物となりそうな小さなものを置かないようにしましょう。

特に、犬が興味を示しそうな、誤飲しやすいものは要注意です。

 

次に、犬のおもちゃ選びにも配慮が必要です。

壊れやすかったり、小さな部品が取れたりするようなおもちゃは避け、丈夫で安全性の高いものを選ぶことが大切です。

 

さらに、犬に与える食べ物も、誤飲のリスクを考慮する必要があります。

犬にとって有害な食品は与えないようにし、大きさや固さにも気を配りましょう。

 

これらの対策を日頃から心がけることが、犬の誤飲を防ぐための鍵となります。

犬が誤飲した際に症状が出るまでの時間

犬が異物を誤飲してから症状が現れるまでの時間は、誤飲したものの種類や大きさ、量によって異なります。

小さなものを飲み込んだ場合、症状が現れないこともありますが、大きなものや鋭利なものを飲み込んだ場合は、比較的早い段階で症状が現れることがあります。

 

一般的に、異物が消化器官を傷つけた場合、「数時間から数日以内」に嘔吐や下痢、食欲不振などの症状が現れます。

しかし、異物が消化器官に留まっている場合、症状が現れるまでに「数日から数週間」かかることもあります。

犬が誤飲したかわからないとき

犬が異物を誤飲したかどうか確認するには、まず犬の様子を注意深く観察することが重要です。

嘔吐や下痢、食欲不振、元気がないなどの症状がないかチェックしましょう。

 

また、犬の口の周りや床に、誤飲した可能性のあるものが落ちていないか確認します。

異物を発見した場合は、犬が飲み込んだ可能性が高いと考えられます。

 

ただし、異物が見つからない場合でも、犬が誤飲している可能性は否定できません。

犬は飼い主の目を盗んで異物を飲み込むことがあるため、普段から部屋の整理整頓を心がけ、危険なものを犬の手の届かない場所に保管することが大切です。

 

もし、犬の様子がいつもと違うと感じたら、躊躇せずに獣医師に相談しましょう。

早期発見と適切な処置が、愛犬の命を守ることにつながります。

愛犬が誤飲しないよう、あらかじめ飼育環境を整理しよう!

犬の誤飲は、時として命に関わる深刻な問題につながることがあります。

犬は好奇心旺盛な動物であり、身の回りの小さなものを口に入れてしまう傾向があるため、飼い主は普段から犬の様子を注意深く観察し、少しでも異変があれば速やかに獣医師に相談することが大切です。

 

犬が誤飲しやすいものは、おもちゃや日用品、鋭利なもの、繊維製品、人間の持ち物、食品など多岐にわたります。

これらのアイテムを犬の手の届かない場所に保管し、こまめに点検して破損したものは取り除くことが重要です。

また、犬のおもちゃは誤飲の危険性が低いものを選び、与える食べ物は安全なものに限定しましょう。

 

万が一、犬が異物を誤飲した場合、飼い主は落ち着いて状況を判断し、獣医師に連絡を取ることが求められます。

誤飲したものの種類や量、犬の様子を正確に伝え、獣医師の指示に従って適切な処置を行うことが大切です。

 

愛犬の誤飲を防ぐためには、飼い主が日頃から対策を講じることが不可欠です。

犬の生活環境を整え、おもちゃや食べ物の選択に配慮し、異変があれば速やかに対応する。

これらの積み重ねが、愛犬との幸せで安心な生活につながります。

Q&A

Q1:犬が誤飲したあと、どのくらいで症状が出る?

A1:誤飲したものの種類や量によって異なりますが、小さなものでは症状が現れない場合もあります。大きなものや鋭利なものを飲み込んだ場合は、数時間から数日以内に嘔吐や下痢などの症状が現れることがあります。

Q2:犬が誤飲したかどうか確かめる方法は?

A2:犬の様子を観察し、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状がないかチェックします。また、犬の口の周りや床に誤飲した可能性のあるものが落ちていないか確認しましょう。ただし、異物が見つからなくても誤飲の可能性は否定できません。

Q3:犬が異物を飲み込んだらどうすればいい?

A3:落ち着いて状況を判断し、誤飲したものの種類や量を特定します。犬の様子を観察しつつ、速やかに獣医師に連絡を取り、詳しい状況を伝えましょう。獣医師の指示に従い、必要に応じて動物病院へ連れて行きます。

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■が定休日です。
           
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31