IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
猫が誤飲したかも!でも元気ある場合はどうしたら?対処法とチェックリスト

猫は好奇心旺盛な動物で、小さなものを口に入れてしまう傾向があります。

もしかしたら、あなたの愛猫も危険な物を誤飲してしまうかもしれません。

 

そんなとき、あなたは以下のような疑問を抱えていませんか?

  • 猫が誤飲した物が胃に残る時間は?
  • 誤飲した症状が出るまでどのくらいかかる?
  • 誤飲したかわからない場合は、どうしたらいい?

 

実際、誤飲は猫の命に関わる危険な事態につながる可能性があります。

しかし、落ち着いて状況を確認し、適切な対処をすることで、愛猫の健康を守ることができるのです。

 

本記事では、猫が誤飲しやすいものや誤飲した場合の対処法、さらには予防策まで、飼い主さんに知っておいてほしい情報を網羅的にまとめました。

大切な家族の一員である愛猫のために、ぜひ最後までご覧ください。

猫が誤飲しやすいものとその理由

猫は好奇心旺盛な動物であることから、身の回りにある小さなものを口に入れてしまうことがよくあります。

それも飼い主が気づかないうちに、誤飲してしまう可能性があるのです。

猫が誤飲しやすいアイテム

猫が誤飲しやすいアイテムには、以下のようなものがあります。

  • 紐や糸
  • ゴム製品
  • 小さなおもちゃ
  • 食品(特に小骨やプラスチック片)

 

これらのアイテムは、猫にとって興味をそそるものばかりです。

猫は遊び心から紐や糸を口にしたり、好奇心から小さなおもちゃを飲み込んでしまったりすることがあります。

また、餌だと勘違いして薬や危険な食品を誤食することもあるでしょう。

特に食品に関して魚の匂いのするものは、袋に入れていても優れた嗅覚で察知し、袋を破いたりするので、置き場所にも注意が必要です。

猫が誤飲する理由

猫が誤飲を起こす理由の多くは、単なる好奇心や遊び心です。

しかし、まれに栄養不足が関係している場合もあります。

猫に適した食事を与えず、必要な栄養が不足していると、猫は本能的に不足しているものを求めて口にしてしまうことがあるのです。

 

誤飲は猫の命に関わる危険な事態につながりかねません。

飼い主は普段から猫が誤飲しそうなアイテムを管理し、猫の様子をよく観察して、万が一の場合に備えておくことが大切です。

猫が誤飲した場合の対処法

猫が誤飲した場合は、状況確認と緊急性の判断が必要です。

また、愛猫の元気がない場合、動物病院との連携が欠かせません。

状況の確認と緊急性の判断

猫が誤飲した場合、飼い主は冷静に状況を確認し、適切な対処をすることが重要です。

まずは、落ち着いて猫の症状や時間経過を確認し、誤飲した物を特定しましょう。

 

誤飲した物の種類や量、猫の症状によって、緊急性を判断する必要があります。

猫が呼吸困難や嘔吐、下痢など深刻な症状を示している場合は、すぐに動物病院へ連れて行くべきです。

動物病院への連絡と受診

動物病院へ連絡する際は、誤飲した物の情報や猫の症状、時間経過などを詳しく伝えるとベターです。

また、事前に猫を安全に運ぶためのキャリーバッグや、誤飲した物のサンプルを準備しておくと良いでしょう。

 

動物病院では、獣医師が猫の状態を診断し、必要な検査や治療を行います。

レントゲンやエコー検査によって、誤飲した物の位置や状態を確認し、時には内視鏡や手術で取り出すことがあります。

参考:猫が怪我した時の対処法とは?遭遇しやすい5つの怪我と予防策を解説!

猫が元気な場合の対処法

誤飲した際、猫が元気であっても注意が必要です。

誤飲物の特定と対処法の判断

猫が誤飲したが元気な場合、まずは飼い主が冷静に状況を見極め、適切な判断をすることが大切です。

誤飲した物を特定し、その物の種類や量によって、「猫に吐かせるべきか」、「様子を見るべきか」を判断しましょう。

この判断は誤飲したものによって異なります。

 

一般的に、毒性のある物や鋭利な物を誤飲した場合は、無理に吐かせようとせず、速やかに動物病院へ連れて行くことが推奨されます。

一方、毒性がなく、小さくて柔らかい物であれば、猫の様子を観察しながら自然に排出されるのを待つこともできます。

安全な吐かせ方と観察のポイント

もし安全に吐かせることができそうな場合は、適切な方法で行いましょう。

吐かせる際は、猫をしっかりと保定し、口を開けさせて吐かせる必要があります。

 

具体的には、以下の通りです。

  1. 猫を抱き上げ、頭を下に向けます
  2. 背中に軽くトントンと叩き、吐き出させます
  3. 数回叩いても吐き出さない場合は、無理せずすぐに動物病院へ連れて行きましょう

針やとがったものなど、無理に引っ張ると危険なものは、絶対に口から出そうとしないでください。

また、この際猫が暴れたり、噛んだりしないよう注意が必要です。

 

猫が誤飲した後は、たとえ元気そうに見えても、油断せずに様子を観察し続けることが重要です。

食欲や排便、活動量など、猫の日常の変化に気を配りましょう。

少しでも異変を感じたら、速やかに動物病院へ連れて行くことが大切です。

猫が誤飲したかも!確かめるチェックリスト

飼い主さんが目を離した隙に、「猫が誤飲したかどうかわからない」というケースも見受けられます。

その際に知っておくべき、誤飲のサインとなり得るポイントを確認しておきましょう。

誤飲のサインと症状

猫が誤飲したかどうかを確認するには、いくつかのポイントに注目することが重要です。

飼い主は、猫の普段の様子をよく知っておくことで、少しの変化にも気づきやすくなります。

 

まず、猫の誤飲を疑うサインとして、以下のような症状が挙げられます。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 呼吸困難

これらの症状は、猫が異物を飲み込んだことによる消化器や呼吸器の問題を示唆しています。

猫の健康状態に変化が見られた場合は、速やかに獣医師に相談しましょう。

 

その他、以下のことにも注意して観察してみてください。

  • いつもと違って物がなくなっていないかどうか(猫のおもちゃや食べ物など)
  • 猫の行動や表情、姿勢など、普段と異なる様子がないかどうか

猫が不快感を感じていたり、痛みを感じていたりすると、いつもと違う行動をとることがあります。

例えば、隠れたがる、うずくまる、鳴き声が変わるなどの異常行動に気づいたら、速やかに対処する必要があります。

誤飲を防ぐための日々の対策

誤飲を防ぐための日々の対策としては、以下のことが挙げられます。

  • 誤飲リスクを減らす環境作り
  • 誤飲しやすいアイテムの徹底管理
  • 猫の様子の日々の観察

それぞれ確認していきましょう。

誤飲リスクを減らす環境作り

猫の誤飲を防ぐためには、飼い主が日々の生活の中で環境を整え、危険なアイテムを管理し、猫の様子を観察することが重要です。

猫の誤飲リスクを減らすには、猫の手の届かない場所に危険なアイテムを保管することが有効的です。

 

例えば、薬や洗剤、小さな部品などは、猫の目に触れないよう、引き出しや戸棚の中にしまっておくようにします。

また、ゴミ箱は蓋付きのものを使用し、猫が中身を取り出せないようにすることも大切です。

誤飲しやすいアイテムの徹底管理

紐や糸、ゴム、小さなおもちゃ、薬、食品など、猫が誤飲しやすいものは特に注意が必要です。

これらのアイテムは、猫の興味を引きやすく、誤って飲み込んでしまう可能性が高いためです。

日頃から部屋の整理整頓を心がけ、散らかしたままにしないよう、心がける必要があります。

 

また、おもちゃを選ぶ際このことを意識して、誤飲しにくいものを選ぶことも良いでしょう。

猫の様子の日々の観察

猫の様子を日々観察し、少しでも異変があれば速やかに対処することが重要です。

食欲や排便、活動量など、猫の日常の変化に気を配ることで、誤飲の早期発見につながります。

また、定期的な健康チェックを行い、猫の体調管理に努めることも大切です。

 

総体的に、猫の誤飲を防ぐためには、飼い主の細心の注意と適切な管理が不可欠です。

危険なアイテムを猫の手の届かない場所に保管し、誤飲しやすいものを徹底的に管理することで、誤飲のリスクを大幅に減らすことができます。

また、日々の観察を怠らず、猫の健康状態に注意を払うことで、万が一の場合にも速やかに対処できるようになります。

猫の誤飲対策として日々の飼育環境を見直そう!

愛猫の誤飲は、健康面に直接的に影響することから、飼い主にとって大変心配なことです。

そもそも猫は好奇心旺盛な動物で、小さなものを口に入れてしまう傾向があるため、飼い主は日頃から注意が必要です。

誤飲の原因は、猫の好奇心や遊び心、飼い主の不注意や管理ミスなどが考えられます。

 

もし猫が誤飲した場合は、落ち着いて状況を確認し、適切な対処をすることが重要です。

猫の症状や誤飲した物の種類によって、緊急性を判断し、速やかに動物病院へ連れて行きましょう。

 

猫が誤飲したかどうかを確認するには、嘔吐や下痢、食欲不振など、普段と異なる様子がないか注意深く観察することが大切です。

また、おもちゃや食べ物など、いつもと違って物がなくなっていないかどうかもチェックしましょう。

 

誤飲を防ぐためには、飼い主が日々の生活の中で環境を整え、危険なアイテムを管理することが重要です。

特に紐や糸、ゴム、小さなおもちゃ、薬、食品など、猫が誤飲しやすいものは、猫の手の届かない場所に保管する必要があります。

また、ゴミ箱は蓋付きのものを使用し、猫が中身を取り出せないようにすることも効果的です。

 

愛猫の健康のためにも、普段から飼育環境を整えてあげたいですね!

Q&A

Q1:猫が誤飲した物が胃に残る時間は?

A1:誤飲した物の種類や大きさ、猫の個体差によって異なりますが、通常は30分から2時間程度です。ただし、完全に排出されるまでには数日から数週間かかることもあります。

Q2:猫が誤飲した症状が出るまでどのくらいかかる?

A2:誤飲した物の種類や量、猫の体調によって異なります。小さくて柔らかい物なら症状が出ないこともありますが、鋭利や毒性のある物なら数時間以内に症状が現れる可能性があります。

Q3:猫が紐を誤飲したかわからない場合は、どうしたらいい?

A3:確認できない場合は、予防的に獣医師に相談しましょう。紐が体内で絡まる危険性があるためです。日頃から紐など誤飲しやすいものを管理し、猫の様子を注意深く観察することが大切です。

大切な家族である愛猫に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛猫は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛猫の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなた自身も愛猫の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い猫のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛猫がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛猫や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、猫用のアイテムで解決できる可能性があります。

  • 愛猫がストレスを感じてるかも…
  • 毛玉が多くて悩んでいる
  • 食事を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、ストレス発散と爪の健康にも役立つ「爪とぎ」や毛玉対策の「グルーミングブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが効果的です。

 

とはいえ、アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛猫にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

猫グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の猫グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛猫が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛猫がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■が定休日です。
           
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31