IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
子犬のトイレトレーニングのコツは?今すぐ実践できるおすすめの方法も

あなたの愛犬が健やかに成長し、幸せに暮らせるかどうかは、飼い主の適切なしつけにかかっています。

中でも、トイレトレーニングは重要な課題の一つです。

しかし、子犬のトイレトレーニングについて、自信を持って取り組めている飼い主さんは意外と少ないかもしれません。

 

子犬のトイレトレーニングに関して、具体的に以下のような疑問を感じたことはありませんか?

  • 子犬のトイレトレーニングはいつから始めればいい?
  • 子犬にトイレを覚えさせる方法は?
  • 子犬のトイレトレーニングで叱ったらどうなる?

 

実は、子犬を迎えた日から始めるのが理想的で、早い段階からトイレの場所を教えることが大切なのです。

また、子犬の成長に合わせたトレーニング方法や、失敗した時の対処法など、知っておくべきポイントがたくさんあります。

 

そこで本記事では、子犬のトイレトレーニングの重要性から、具体的な方法、よくある失敗と解決策まで、網羅的に解説します。

愛犬との幸せな日々を過ごすために、少しでも気になる方はぜひ最後までご覧くださいね!

子犬のトイレトレーニングの重要性

子犬のトイレトレーニングは、飼い主にとって避けては通れない重要な課題です。

適切なトレーニングを怠ると、家中が汚れて不衛生になるだけでなく、飼い主自身もストレスを抱えることになるでしょう。

反対に、トレーニングが成功すれば、愛犬との絆がより一層深まり、快適で幸せな生活を送れるはず。

子犬のしつけは飼い主の責任であり、愛犬のためにも真剣に取り組むべき大切な課題なのです。

子犬がトイレを失敗する理由

子犬がトイレを失敗してしまう原因はさまざまですが、主なものとして「生理的要因」、「環境要因」、「コミュニケーション不足」が挙げられます。

生理的要因としては、子犬の膀胱が未発達で、長時間のトイレ我慢が難しいことが考えられます。

環境要因には、トイレの場所が分からない、トイレまでの距離が遠いなどの問題があります。

 

また、子犬がトイレのサインを出しているのに飼い主が気づかないといった、コミュニケーションの問題も考えられます。

これらの原因を把握し、適切に対処することがトイレトレーニング成功の鍵となります。

トイレトレーニングを成功させるメリット

トイレトレーニングを成功させることには、多くの利点があります。

まず、家の中が清潔に保たれ、不快なニオイもなくなるので、快適な生活環境を維持できます。

また、子犬のストレスが減り、健やかに成長することにもつながります。

 

さらに、トレーニングを通して飼い主と愛犬の絆が深まることも、大きな利点と言えるでしょう。

このようなメリットを得るためにも、飼い主は積極的にトイレトレーニングに取り組むことが大切です。

子犬のトイレトレーニングの準備

トイレトレーニングを始める前に、まずは入念な準備が必要不可欠です。

トイレを設置する場所の選定と、必要なトイレ用品の用意は、トレーニングの成否を左右する重要なポイントと言えます。

子犬にとって適した場所とトイレ用品を揃えることで、トイレの場所を理解しやすくなり、トレーニングもスムーズに進められるでしょう。

効果的なトイレトレーニングを行うためにも、事前準備は怠らないようにしましょう。

トイレの場所選び

子犬が落ち着いてトイレができるよう、トイレを設置する場所は静かで騒がしくない環境を選ぶことが大切です。

子犬は集中力が高くないため、騒音などで気が散ってしまうと、トイレの失敗につながりかねません。

また、トイレシートや床が汚れた際に簡単に掃除できるよう、清掃のしやすさにも考慮が必要です。

 

加えて、子犬がいつでもトイレに行けるよう、アクセスのしやすい場所に設置することも重要な点です。

つまり、子犬のトイレは「静かで落ち着ける場所」、「掃除がしやすい場所」、「常にアクセスできる場所」という3つの条件を満たす場所に設置するのが理想的だと言えます。

トイレ用品の準備

トイレトレーニングに必要な主な用品は、「トイレトレー」、「トイレシート」、「ペット用消臭剤」の3つです。

トイレトレーは子犬の体格に合ったサイズを選び、トイレシートは吸収力の高いものを用意するのが望ましいでしょう。

また、トイレの失敗で発生するニオイ対策として、ペット用消臭剤を準備しておくと役立ちます。

 

これらのトイレ用品を揃えておくことで、子犬のトイレトレーニングを円滑に進めることができます。

ただし、衛生面に配慮し、定期的にトイレ用品を交換して清潔に保つことも忘れずに。

トイレトレーニングの手順

子犬のトイレトレーニングは、一朝一夕で完成するものではありません。

子犬を迎えた日から、飼い主が根気強く取り組むことが何より大切です。

トイレに誘導するタイミングを見極め、成功したら褒めるなど、子犬が自然とトイレを覚えられるよう、飼い主がリードしていく必要があります。

 

トイレトレーニングは、子犬との信頼関係を築く上でも重要なプロセスです。

飼い主が子犬とコミュニケーションを取りながら、愛情を注いでトレーニングを進めていきましょう。

トイレに誘導するタイミング

子犬をトイレに誘導するのに最適なタイミングは、起床時、食事後、遊んだ後などです。

子犬は寝起きや食事後、興奮した後に排泄したくなる習性があります。

 

これらのタイミングを見計らって、子犬をトイレに連れて行くのが効果的でしょう。

初めは子犬が戸惑うこともありますが、根気強く誘導することで、徐々にトイレの場所を理解していきます。

仮に子犬がトイレを失敗しても、叱るのではなく、次のチャンスでトイレに誘導することが肝心です。

トイレで成功させるためのポイント

子犬がトイレで排泄に成功したら、たっぷりと褒めてあげましょう。

子犬は飼い主に褒められることが大好きです。

褒められることで、トイレの場所と排泄行為を関連付けていきます。

 

また、トイレトレーニングは継続することが何より重要です。

子犬の習性を考慮し、落ち着ける場所にトイレを設置するのも効果的でしょう。

 

万が一トイレに失敗しても、罰を与えてはいけません。

罰を与えると、子犬がトイレそのものを嫌悪してしまう恐れがあるためです。

 

他の動物や先住犬の匂いにも気を付ける必要があります。

子犬は臭いに敏感なため、他の動物の匂いのする場所で排泄してしまうことがあります。

 

トイレトレーニング中は、子犬から目を離さないよう注意深く見守ることが大切です。

子犬のしぐさや行動をよく観察し、トイレのサインを見逃さないようにしましょう。

これらのポイントを押さえつつ、愛情を持ってトレーニングを続ければ、子犬は着々とトイレの場所を覚えていくでしょう。

トイレトレーニングにおけるよくある失敗と解決策

トイレに慣れていない子犬は、よく失敗してしまうものです。

また、トレーニング自体に誤りがある可能性もあります。

失敗の要因としては、飼い主側の観察不足・管理不足、思い込み、子犬が隠れてする、トイレのサイズが合っていないなどが考えられます。

飼い主側の観察不足・管理不足

子犬がトイレを失敗する理由の一つに、飼い主側の観察不足・管理不足が挙げられます。

子犬のトイレのサインを見逃したり、トイレに誘導するタイミングを逃してしまうと、子犬はトイレの場所を理解できません。

また、子犬がトイレを失敗した際に、適切な対処をしないと、子犬はトイレを嫌がるようになってしまうかもしれません。

 

飼い主は、子犬の行動を注意深く観察し、トイレのサインを見逃さないようにしましょう。

そして、トイレの失敗があった場合でも、叱るのではなく、優しく誘導することが肝要です。

飼い主側の思い込み

飼い主側の思い込みも、子犬がトイレを失敗する原因の一つです。

「子犬は自然とトイレを覚えるはず」という思い込みを持っていると、トレーニングがおろそかになってしまいます。

また、「外でするのが当たり前」という固定観念から、室内でのトイレトレーニングを怠ってしまうこともあるでしょう。

飼い主は、こうした思い込みを捨て、子犬の特性を理解することが重要です。

 

子犬は、飼い主の適切な誘導なしでは、トイレの場所を覚えることができません。

室内でのトイレトレーニングも、子犬にとっては欠かせないプロセスなのです。

飼い主が子犬の立場に立って考え、適切なトレーニングを行うことが求められます。

隠れてする

子犬が隠れてトイレをするのは、叱られたくないという気持ちの表れかもしれません。

子犬がトイレを失敗した際に、飼い主が怒ってしまうと、子犬はトイレを怖いものと結び付けてしまいます。

その結果、子犬は飼い主に見つからないように、隠れてトイレをするようになってしまうのです。

このような状況を避けるためには、飼い主が子犬の気持ちを汲み取り、怒るのではなく、優しく接することが大切です。

トイレのサイズが子犬の体に合っていない

トイレのサイズが子犬の体に合っていないことも、トイレを失敗する原因になります。

トイレが大きすぎると、子犬は不安を感じてしまうかもしれません。

また、反対にトイレが小さすぎると、子犬は落ち着いてトイレをすることができません。

 

子犬の成長に合わせて、トイレのサイズを調整することが重要です。

子犬が快適にトイレができるよう、適切なサイズのトイレを用意しましょう。

おすすめのトレーニング方法

子犬のトイレトレーニングには、さまざまな方法がありますが、中でもクレートトレーニングとサークルトレーニングが特におすすめです。

これらのトレーニング方法は、子犬の習性を理解し、トイレの場所を効果的に教えることができます。

とはいえ、犬も個体差があるため、飼い主は子犬の性格や習性を考慮しながら、最適なトレーニング方法を選ぶことが重要です。

クレートトレーニング

クレートトレーニングは、子犬に安心できる場所を提供し、トイレと生活空間を分けることで、効果的にトイレトレーニングを行う方法です。

犬は本能的に、寝場所を汚したくないと考えます。

クレートを子犬の寝場所として設定し、トイレは別の場所で行うことを教えることで、子犬はトイレの場所を理解していきます。

 

クレートは子犬にとって、安心して過ごせる自分だけの空間となります。

子犬が安心感を得られるよう、クレートは子犬のサイズに合ったものを選び、快適な環境を整えましょう。

また、クレートの中では、子犬の大好きなおもちゃを与えるなど、ポジティブな経験を与えることも大切です。

 

クレートトレーニングを進める際は、子犬の行動をよく観察し、トイレのサインを見逃さないようにしましょう。

そして、子犬をこまめにトイレに誘導し、排泄に成功したら、たっぷりと褒めることが重要です。

サークルトレーニング

サークルトレーニングは、子犬の行動範囲を制限し、トイレに誘導しやすくする方法です

サークルの中に、トイレ、寝場所、水飲み場を設置し、子犬が生活するスペースを限定することで、トイレの場所を教えやすくなります。

 

サークルは、子犬の成長に合わせて、徐々に広げていくことができます。

最初は狭めのスペースから始め、子犬がトイレの場所を覚えたら、少しずつ広げていきましょう。

サークルの中で、子犬が快適に過ごせるよう、おもちゃや心地よいベッドを用意することも大切です。

 

サークルトレーニングでも、クレートトレーニングと同様に、子犬のトイレのサインを見逃さないよう、こまめに観察することが重要です。

子犬がトイレの場所で排泄したら、たっぷりと褒めて、行動を強化しましょう。

また、子犬がトイレ以外の場所で排泄しそうになったら、優しく声をかけて、トイレに誘導することが大切です。

かかりつけ獣医師に相談

子犬のトイレトレーニングがどうしてもうまくいかない場合、かかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。

獣医師は、子犬の健康状態や行動について専門的な知識を持っています。

そのため、トイレトレーニングの問題についても、的確なアドバイスを得ることができます。

 

飼い主は、子犬の状況を詳しく獣医師に伝え、適切な指導を受けることが重要です

獣医師と連携しながら、トイレトレーニングの問題解決に取り組むことで、子犬はスムーズにトイレの場所を覚えるようになります。

 

そもそも子犬のトイレトレーニングがうまくいかない場合、まずはその原因を特定することが大切です。

トイレトレーニングが失敗する原因は、子犬の健康状態、ストレス、環境の変化など、様々な要因が考えられます。

 

とはいえ、飼い主だけでは原因を特定することが難しいこともあるでしょう。

そのような場合は、かかりつけの獣医師に相談し、専門的なアドバイスを受けることが効果的です。

獣医師は、子犬の健康状態をチェックし、トイレトレーニングがうまくいかない原因を探ります。

そして、子犬の状況に合わせた具体的な解決策を提案してくれるでしょう。

 

例えば、子犬が膀胱炎などの健康問題を抱えている場合、獣医師は適切な治療を行い、トイレトレーニングを再開するタイミングを教えてくれます。

また、子犬がストレスを感じている場合、獣医師はストレス解消の方法を提案してくれることもあります。

参考:飼い犬がストレスを感じているサインとは?4つの発散方法も徹底解説! #182

これらのことから子犬のトイレトレーニングがうまくいかない場合、飼い主一人で問題を抱え込まずに、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

成犬で迎えた場合のトイレトレーニングのコツ

成犬を家に迎え入れた場合でも、トイレトレーニングは重要です。

ただし、子犬とは異なる配慮が必要となります。

 

成犬は既に何らかのトイレのルールを学習している可能性があるため、新しい環境に適応しながら、トイレの場所を覚えていく必要があるのです。

飼い主は成犬の過去の経験を考慮し、ストレスを与えないように注意しながら、根気強くトレーニングを行うことが求められます。

愛情を持って接し、成犬が安心できる環境を整えることが、トイレトレーニング成功の鍵となるでしょう。

 

成犬のトイレトレーニングでは、まず、子犬同様に決まったトイレの場所を設定することが大切です。

成犬は新しい環境に慣れるまで、ストレスを感じることがあります。

そのため、トイレの場所は、成犬が安心して排泄できる、落ち着いた場所を選ぶことが重要です。

また、成犬は既に一定のトイレのルールを学習している可能性があるため、過去の習慣を考慮することも必要でしょう。

 

トレーニングを始める際は、成犬のストレスにも配慮しましょう。

急激な環境の変化は、成犬に大きなストレスを与えてしまいます。

そのため、少しずつ新しい環境に慣れさせながら、トイレトレーニングを進めていくことが求められます。

このように、成犬を迎えた場合のトイレトレーニングは、子犬の場合と比べて、より繊細な配慮が必要となります。

成犬の過去の経験やストレスに配慮しながら、愛情を持ってトレーニングに取り組むことが重要です。

飼い主と成犬が協力し合い、信頼関係を築きながらトレーニングを進めていくことで、失敗しなくなります。

適切なトレーニングを行い、子犬にトイレを覚えてもらおう!

子犬を迎えたら、トイレトレーニングは欠かせません。

トイレの失敗は、飼い主にとってストレスになるだけでなく、子犬の健康管理にも影響を与えます。

 

子犬にトイレを覚えてもらうためには、早い段階からトレーニングを始め、根気強く取り組むことが大切です。

まずは、子犬のトイレの場所を決めましょう。

静かで落ち着ける場所を選び、掃除がしやすく、子犬が常にアクセスできる環境を整えます。

トイレ用品も、子犬の成長に合わせて適切なものを用意しましょう。

 

トレーニングでは、子犬の生活リズムに合わせてトイレに誘導することが重要です。

食事後、寝起き、遊んだ後などがおすすめのタイミングです。

子犬がトイレで排泄できたら、たっぷりと褒めて成功体験を積み重ねましょう。失敗しても叱らず、優しく接することが大切です。

 

仮にうまくいかない場合は、かかりつけの獣医師に相談するのも有効な手段です。

獣医師から専門的なアドバイスを受け、子犬の状況に合わせたトレーニング方法を実践していきましょう。

 

子犬のトイレトレーニングは、飼い主の愛情と根気が欠かせません。

子犬との信頼関係を築きながら、クレートトレーニングやサークルトレーニングなどの方法を取り入れ、トイレの場所を教えていきましょう。

適切なトレーニングを行うことで、子犬はトイレのルールを確実に覚えていきます

結果的にトイレの失敗が減り、快適な生活を送れるようになるでしょう。

子犬との楽しい日々を過ごすためにも、トイレトレーニングの課題は早めにクリアしたいですね!

Q&A

Q1:子犬のトイレトレーニングはいつから始めればいい?

A1:子犬のトイレトレーニングは、子犬を迎えた日から始めるのが理想的です。早い段階からトイレの場所を教えることで、子犬はスムーズにトイレのルールを学習していきます。

Q2:子犬にトイレを覚えさせる方法は?

A2:子犬にトイレを覚えさせるには、以下の方法が効果的です。

  1. トイレの場所を決め、子犬をこまめにトイレに誘導する。
  2. 排泄に成功したら、たっぷりと褒めて行動を強化する。
  3. 子犬のサインを見逃さず、タイミングよくトイレに連れて行く。
  4. 根気強く、愛情を持ってトレーニングを続ける。

Q3:子犬のトイレトレーニングで叱ったらどうなる?

A3:子犬のトイレトレーニングで叱ってはいけません。叱ることで、子犬はトイレに対して恐怖心を抱いてしまい、トレーニングが逆効果になってしまう可能性があります。子犬が失敗しても、優しく接し、次の機会にトイレで排泄できるよう導くことが大切です。

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■が定休日です。
           
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31