IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
狂犬病ワクチン接種の値段相場はいくら?接種すべき時期も解説!

あなたの愛犬を守るために、狂犬病ワクチンの接種は欠かせません。

しかし、狂犬病ワクチンの値段や接種時期、注意点などについて、正しい知識を持っている飼い主さんは意外と少ないかもしれません。

狂犬病ワクチンに関して、具体的に以下のような疑問を感じたことはありませんか?

  • 狂犬病ワクチンの相場はいくら?
  • 狂犬病ワクチンは保険適用できる?
  • 狂犬病ワクチンは毎年必要?

 

実は、狂犬病ワクチンの値段は集団接種と動物病院接種で異なり、接種時期も初回と2回目以降で違いがあります。

また、ワクチン接種後の副反応に注意が必要で、ペット保険の適用についても確認が大切です。

 

そこで本記事では、狂犬病ワクチンの値段相場や接種時期、注意点だけでなく、保険適用の有無など、網羅的に解説します。

愛犬の健康と安全のために少しでも興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいね!

狂犬病とは

狂犬病は、致死率がほぼ100%に達する非常に危険な感染症です。

感染後、発症してしまうと治療法がなく、死に至ることがほとんどです。

 

この恐ろしい病気は人畜共通感染症であり、犬だけでなく人にも感染します。

感染した動物に咬まれたり、傷口から唾液が入ることで感染が広がります。

人への感染も非常に危険であり、死亡率が高いことから、予防が非常に重要です。

 

そのため、日本では狂犬病予防法により、飼い犬への予防接種が義務付けられています。

毎年1回、定期的に狂犬病ワクチンを接種することが飼い主の責任となっています。

狂犬病ワクチンの値段は後述しますが、愛犬の健康と周囲の安全のために、必ず接種しましょう。

狂犬病ワクチンの重要性

狂犬病ワクチンは、愛犬を守るための必須アイテムであり、発症予防だけでなく、感染拡大防止にも大きく貢献します。

以下に、その重要性について詳しく説明します。

愛犬を守るための必須ワクチン

狂犬病ワクチンは、愛犬を守るために必須です。

狂犬病は致死率がほぼ100%の恐ろしい感染症であり、一度発症してしまうと治療法がありません。

しかし、ワクチンを接種することで、愛犬が狂犬病に感染するリスクを大幅に減らすことができます。

発症予防だけでなく、感染拡大防止にも貢献

狂犬病ワクチンは、愛犬の発症予防だけでなく、感染拡大防止にも大きく貢献します。

狂犬病に感染した犬は、唾液などを介して他の動物や人にウイルスを広げる可能性があります。

しかし、ワクチンを接種された犬は、仮に狂犬病ウイルスに曝露されても、発症や感染拡大のリスクが大幅に下がります。

つまり、狂犬病ワクチンは、愛犬だけでなく、周囲の動物や人の健康と安全を守ることにもつながるのです。

 

このように、狂犬病ワクチンは愛犬と社会全体にとって非常に重要なことです。

狂犬病ワクチンの値段は、愛犬の命と公衆衛生を守るための投資だと考えましょう。

飼い主の責任として、定期的なワクチン接種を怠らないようにしてください。

狂犬病ワクチン接種の値段相場

狂犬病ワクチンの接種は法律で義務付けられていますが、その値段はどのくらいなのでしょうか。

ここでは、狂犬病ワクチンの値段相場について詳しく説明します。

 

そもそも狂犬病ワクチンの接種方法には、集団接種と動物病院接種の2種類があります。

集団接種の場合、狂犬病ワクチンの値段は通常3,000円前後が目安です。

一方、動物病院での接種では、3,000円から4,000円程度が相場となっています。

 

ただし、集団接種の場合は別途手数料として550円前後が必要となる点に注意が必要です。

動物病院接種では、狂犬病ワクチンと他のワクチンを同時に接種する混合ワクチン接種も可能な場合があります。

 

また、狂犬病ワクチンの値段は、地域や動物病院によって異なる場合があります。

都市部と地方では、ワクチン代や技術料、診察料などに差が出ることがあるのです。

さらには、動物病院ごとに設定している料金体系が異なるため、狂犬病ワクチンの値段にも違いが生じます

したがって、事前に複数の動物病院の料金を調べて比較検討することをおすすめします。

 

狂犬病ワクチンの値段は、愛犬の健康と安全を守るために必要な投資です。

相場を把握した上で、愛犬に合った接種方法を選択しましょう。

狂犬病ワクチン接種で知っておくべきこと

狂犬病ワクチンを接種する際には、いくつか知っておくべき重要な点があります。

ここでは、接種時期と接種後の注意点について詳しく説明しましょう。

接種時期

狂犬病ワクチンの接種は、生後3ヶ月以降に開始し、その後は毎年1回行う必要があります。

子犬の場合、免疫システムが完全に発達していないため、3ヶ月までは母犬から受け継いだ抗体で守られています。

しかし、その後は自身の免疫力を高めるためにワクチン接種が不可欠です。

 

初めて狂犬病ワクチンを接種する場合は、2回の接種が必要となります。

1回目の接種から約3〜4週間後に2回目の接種を行うことで、十分な免疫力が得られます。

2回目以降は、年に1回の接種で免疫力を維持することができます。

 

狂犬病ワクチンの値段は、回数に関わらず一定です。

したがって、初回の2回接種でも、2年目以降の単回接種でも、同じ費用がかかります。

接種後の注意点(副反応)

狂犬病ワクチンは非常に安全性の高いワクチンですが、まれに軽い副反応が見られることがあります

接種後は、愛犬の様子を注意深く観察しましょう。

 

副反応の症状としては、以下のようなものがあります

  • 接種部位の腫れや痛み
  • 軽度の発熱
  • 食欲不振
  • 元気がない

 

これらの症状は通常、数日以内に自然に回復します。

しかし、症状が重い場合や長引く場合は、速やかに獣医師に相談してください。

 

狂犬病ワクチンの接種後は、愛犬の健康状態を注意深く観察することが大切です。

万が一、異常が見られた場合は、早期に適切な処置を行うことで、愛犬の健康を守ることができるでしょう。

参考:犬が小刻みに震える7つの理由とは?普段は元気でも注意すべきケースも!

Q&A

Q1:狂犬病ワクチンの相場はいくら?

A1:狂犬病ワクチンの相場は、集団接種の場合は3,000円前後、動物病院での接種の場合は3,000円から4,000円程度が目安です。ただし、地域や動物病院によって料金は異なる場合があるので、事前に確認することをおすすめします。

Q2:狂犬病ワクチンは保険適用できる?

A2:狂犬病ワクチンは、多くのペット保険では保険適用の対象外となっています。これは、狂犬病ワクチンが法律で義務付けられている予防接種であり、保険の対象とはみなされないためです。ただし、保険会社や商品によって異なる場合があるので、加入している保険の約款を確認することが大切です。

Q3:狂犬病ワクチンは毎年必要?

A3:はい、狂犬病ワクチンは毎年1回接種する必要があります。初回接種の場合は、3ヶ月以降に2回接種を行います。2回目以降は、年に1回の接種で免疫力を維持することができます。狂犬病予防法に基づき、飼い主には毎年ワクチン接種を行う義務があるので、必ず守るようにしましょう。

狂犬病ワクチンは値段に関わらず、愛犬・周囲の人のために必須!

狂犬病は、犬だけでなく人にも感染する恐ろしい病気で、感染すると死に至ることがほとんどです。

そのため、飼い犬への狂犬病ワクチン接種は法律で義務付けられています。

狂犬病ワクチンは、愛犬の命を守るだけでなく、感染拡大を防ぐためにも欠かせません。

 

狂犬病ワクチンの値段は、集団接種の場合は3,000円前後、動物病院での接種は3,000円から4,000円程度が相場です。

ただし、地域や動物病院によって料金は異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

 

狂犬病ワクチンは、生後3ヶ月以降に接種を開始し、その後は毎年1回接種する必要があります。

初回接種時は2回の接種が必要ですが、2回目以降は年1回で大丈夫です。

接種後は、軽い副反応が出ることがあるので、愛犬の様子をよく観察しましょう。

 

狂犬病ワクチンにペット保険は適用されないことがほとんどです。

これは、狂犬病ワクチンが法律で義務付けられた予防接種だからです。

ただし、保険会社や商品によって異なるので、加入している保険の約款を確認してください。

 

愛犬の健康と周囲の安全のために、狂犬病ワクチンの接種は欠かせません。

値段も気になるところですが、愛犬の命・周囲への感染予防を考慮する上で必要な出費です。

接種時期と注意点を理解し、適切にワクチン接種を行いましょう。

参考:大同病院-狂犬病

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■が定休日です。
           
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31