IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時
犬が噛み付く理由とは?効果的な3つのしつけ方法とやりがちな失敗例も!

目次

あなたの愛犬が突然、人や他の動物に噛みつくことはありませんか?

噛みつきは、犬の本能的な行動の一つですが、飼い主にとっては大きな悩みのはず。

そんな犬の噛みつきに関して、具体的に以下のような疑問を感じたことはありませんか?

 

  • 犬が噛みつく理由はなに?
  • 犬が飼い主を本気で噛むのはなんで?
  • 犬が噛んだとき、どう叱ればいい?

 

実は、犬が噛みつく理由は、恐怖心や痛み、ストレスなど様々な要因が関係しています。

また、適切な飼育環境やしつけ、獣医師との連携も、噛みつきを防ぐ上で重要な役割を果たします。

そこで本記事では、犬が噛みつく理由や、噛みつきを防ぐための対策、万が一噛みついてしまった場合の対処法など、網羅的に解説します。

愛犬のマナーを改善するためにも、少しでも興味のある方は、ぜひ最後までご覧くださいね!

犬が噛み付く理由

犬が人や他の動物に噛み付く理由は様々ありますが、大きく分けると本能的な行動、飼育環境やトレーニング不足、犬種ごとの性格が挙げられます。

本能的な行動

犬が本能的に噛み付く理由には、恐怖心と防衛本能、そして痛みや不快感があります。

恐怖心・防衛本能

犬は知らない人や動物、突然の大きな音や振動に対して警戒心を持ち、自分の身を守るために噛み付くことがあります。

痛み・不快感

怪我や病気、発情期などによる痛みや、不快な触り方や扱い方をされた際に、犬は噛み付くことがあります。

飼育環境やトレーニング不足

犬の噛み付きは、飼育環境やトレーニング不足が原因となることもあります。

十分な運動や遊びの機会不足

犬がエネルギーを溜め込むと、攻撃的な行動に繋がる可能性があります。

社会化不足

他の犬や人との接点が少ない、適切な社会化トレーニングを受けていない犬は、噛み付きトラブルを起こしやすくなります。

誤ったしつけ

叩いたり怒鳴ったりするなど、犬を恐怖させるようなしつけ方法は、噛み付きを引き起こす可能性があります。

犬種ごとの性格

犬種によって性格が異なり、噛み付きの傾向も変わってきます。

もともと警戒心や防衛本能が強い犬種

ジャーマン・シェパードやドーベルマンなどは、警戒心が強く、適切なしつけがされていないと噛み付きを起こしやすくなります。

興奮しやすい性格の犬

チワワやミニチュアダックスフントなどの小型犬は、興奮しやすい性格を持っているため、噛み付きに注意が必要です。

※あくまで犬種による傾向で、性格は個体差が大きい。

 

総体的に犬が噛み付く理由を理解することは、噛み付き事故を防ぐ上で非常に重要です。

飼い主は自分の愛犬の性格や行動をよく観察し、適切な飼育環境としつけを行うことで、犬の噛み付きを防ぐことができます。

犬が「飼い主に」噛み付く理由

犬が飼い主に噛み付く理由は、様々な要因が複雑に絡み合っています。

恐怖心やストレス

まず、過去に飼い主から物理的な罰を受けた経験から、犬が飼い主に対して恐怖心を抱いていることがあります。

また、引っ越しや新しいペットの導入などの環境の変化によるストレスから、犬が攻撃的になることもあるでしょう。

参考:犬と引越ししたい!よくある7つのトラブルと対処法とは?

痛み・不快感

痛みや不快感も、犬が飼い主に噛み付く原因となり得ます。

怪我や病気による痛みで触れられることに敏感になったり、皮膚の炎症やアレルギーによる痒みから不快感を感じたりすることで、犬は攻撃的になることがあります。

不適切なしつけ・社会化不足

不適切なしつけや社会化不足も見逃せない要因です。

子犬の時期に噛み癖に対する適切なしつけを受けていなかったり、人との適切な関わり方を学ぶ機会が不足していたりすると、犬は飼い主に対して攻撃的な行動をとってしまうことがあります。

優位性の表示

優位性の表示も、犬が飼い主に噛み付く理由の一つです。

犬が自分を「リーダー(ボス)」だと思い込み、その地位を守るために飼い主に威嚇的な行動をとったり、食事やおもちゃを独占するために攻撃的になったりすることがあります。

 

そもそもこのような関係は良くありません。

犬が自分を「リーダー(ボス)」だと思い込んでしまう原因は、主に飼い主との関係性に問題があるためです。

例えば、飼い主が犬に対して曖昧な態度を取ったり、一貫性のないしつけを行ったりすることで、犬は自分が家庭内の上位者であると認識してしまうことがあります。

そして主従関係が逆転してしまうと、噛み付くトラブルだけでなく、以下のような問題が生じる可能性があります。

  1. 飼い主の指示に従わなくなる
  2. 吠えやすくなったり、攻撃的になったりする
  3. 他の人や犬に対して過剰に縄張り意識を持つ
  4. 飼い主との遊びや触れ合いを避けるようになる
  5. 家の中で好き勝手に行動するようになる

過剰な遊びや興奮

遊びの最中の興奮が高まり、噛むことでその興奮を発散しようとすることもあります。

飼い主が不用意に犬の興奮を煽ってしまい、コントロールを失ってしまうこともあるでしょう。

 

これらの理由を理解した上で、飼い主は犬との信頼関係を築き、適切なしつけやコミュニケーションを心がける必要があります。

犬が飼い主を噛むという行動は、犬からの何らかのサインであると捉え、その根本的な原因を取り除くことが重要です。

子犬が噛む理由

子犬が噛む理由は、成犬とは異なり、発育段階に関連した要因が大きく影響しています。

歯の生え変わりによる不快感

子犬は、生後2〜8ヶ月頃に乳歯から永久歯へと歯が生え変わる時期を迎えます。

この間、歯茎の痒みやむずがゆさから、噛む行動を示すことがあります。

子犬が身近にあるものを何でも噛んでしまうのは、この不快感を和らげようとする自然な行動なのです。

遊びの一環としての噛み行動

子犬にとって、噛むことは遊びの重要な要素の一つです。

子犬同士の遊びでは、互いに噛み合いながらコミュニケーションを取り、社会性を育んでいきます。

また、飼い主との遊びの中でも、子犬は手や足を噛んで興奮を表現することがあります。

世界の探索と学習

子犬は、生まれてから約8週間までの社会化期に、口を使って世界を探索し、学習していきます。

新しいものを口に入れて噛むことで、その感触や味、匂いを確かめ、自分の周りの環境を理解しようとします。

この時期の噛み行動は、子犬の成長過程において重要な役割を果たしているのです。

しつけの必要性

子犬の噛み行動は、自然な発達過程の一部ではありますが、放置すると問題行動へと発展してしまう可能性があります。

そのため、飼い主は子犬の噛み行動を適切にコントロールし、正しい行動を教えていくことが重要です。

具体的には、噛まれたら「痛い!」と声を上げて遊びを中断し、代わりに噛んでも良いおもちゃを与えるなどの対応が効果的です。

また、子犬が人の手や足を噛まないように、積極的に社会化トレーニングを行い、適切な遊び方を教えることも大切です。

参考:子犬の噛み癖がひどいときはどうしたらいい?改善する3つのポイント

犬が噛みつく際に生じる被害

犬に噛まれた際には、身体的な被害だけでなく、精神的な被害も生じる可能性があります。

また、犬の噛む力は非常に強く、重大な怪我につながる恐れがあります。

身体的な被害

犬に噛まれた場合、以下のような身体的な被害が考えられます。

皮膚の傷、打撲、出血

犬の歯は鋭く、噛みつかれた部位には皮膚の傷、打撲、出血などが生じます。

傷の深さや大きさは、犬の大きさや噛みつきの強さによって異なります。

感染症のリスク

犬の口内には多くの細菌が存在するため、噛み傷から感染症を引き起こす可能性があります。

代表的な感染症として、破傷風や狂犬病などが挙げられます。

 

「破傷風」とは、筋肉の硬直や呼吸困難を引き起こし、重症化すると命に関わる危険な病気です。

一方、「狂犬病」は、初期症状として発熱や倦怠感が現れ、後期には恐水症状や興奮、麻痺などの神経症状が見られます。

発症すると、ほぼ100%死に至る恐ろしい病気です。予防には、狂犬病ワクチンの接種が不可欠です。

 

犬に噛まれてしまった場合は、まず傷口を石鹸で十分に洗浄し、速やかに医療機関を受診しましょう。

飼い主は、愛犬の健康管理とワクチン接種を適切に行い、他者への感染リスクを最小限に抑えることが求められます。

精神的な被害

犬に噛まれた経験は、被害者と犬の両方に精神的な影響を与えます。

被害者側の恐怖心やトラウマ

犬に噛まれた被害者は、恐怖心やトラウマを抱えることがあります。

特に子供や高齢者は、精神的な影響を受けやすい傾向にあるので、特に注意が必要です。

例えば、子供が犬に噛まれた後、公園や道端で犬を見かけるたびに怯えてしまい、一人で外出することができなくなることもあります。

犬側の不安やストレス

反対に噛みつきを起こした犬も、問題行動として扱われることで不安やストレスを抱えることがあります。

飼い主との関係性が悪化したり、ひどいケースでは飼育放棄や処分につながるケースもあるのです。

 

具体的には以下のようなケースがあります。

  1. 飼い主が犬の噛みつき行為に対して過剰に怒るようになり、犬が飼い主を恐れるようになる。
  2. 犬はそのストレスから、過剰に吠えたり、排泄のコントロールができなくなったりする。

犬の噛む力【豆知識】

犬の噛む力は、犬種や個体差によって異なりますが、非常に強力です。

大型犬の場合、約200〜400psiの噛む力を持っていると言われています。

これは、人間の噛む力の約4〜5倍に相当します。

 

このように犬に噛まれた際の被害は、身体的・精神的な面で深刻な影響を及ぼします。

犬の噛みつきトラブル対策

犬の噛みつきトラブルを防ぐためには、適切な対策が必要不可欠です。

飼い主は、犬の行動を理解し、原因を特定することから始め、適切な飼育環境とトレーニングを提供することが重要です。

状況に応じた対策や獣医師への定期的な検診も欠かせません。

犬の行動を理解し、原因を特定する

犬の噛みつきトラブルを防ぐ第一歩は、犬の行動を理解し、原因を特定することです。

 

飼い主は、日頃から犬の行動をよく観察し、噛みつきが起こった状況を詳細に分析する必要があります。

ストレスや恐怖心、痛みなどが原因となっている場合があるため、それらの要因を特定することが重要です。

飼い主だけでは原因の特定が難しい場合は、獣医師などの専門家に相談しましょう。

適切な飼育環境とトレーニング

犬の噛みつきトラブルを防ぐには、適切な飼育環境とトレーニングが欠かせません。

十分な運動と遊びの機会を提供する

犬がストレスを溜め込まないように、十分な運動と遊びの機会を提供することが重要です。

散歩やドッグランでの運動、オモチャを使った遊びなどを通して、犬の心身のバランスを保ちましょう。

 

【運動の機会を設ける具体例】

  • 1日1時間以上の散歩を行い、犬が自由に走り回れる公園や広場で十分に運動させる。
  • ボール投げやフリスビーなどの運動量の多い遊びを取り入れ、犬の体力を維持する。
  • 知育玩具やパズルフィーダーを使って、犬の好奇心を刺激し、ストレス解消を図る。

社会化トレーニング

犬が他の犬や人に慣れるように、社会化トレーニングを行うことが大切です。

パピークラスやドッグランでの交流を通して、犬が適切な社会性を身につけられるようサポートしましょう。

 

【社会化に有効な具体例】

  • 子犬の時期(生後3〜4ヶ月)に、様々な人(老若男女、人種など)や環境(公園、店舗、交通機関など)に積極的に触れさせる。
  • パピークラスに通い、他の子犬や飼い主とのポジティブな交流を経験させる。
  • ドッグランで他の犬と遊ばせ、適切なコミュニケーション方法を学ばせる。

参考:成長して犬同士で遊ばなくなった理由とは?「社会化」ができていないケースも!

状況に応じた対策と口輪の着用

状況に応じた対策を講じることで、犬の噛み付きトラブルを未然に防ぐことができます。

興奮しやすい状況での対処法

来客時や散歩中など、犬が興奮しやすい状況では特に注意が必要です。

  • 来客時は、犬を別の部屋に隔離し、落ち着いてから来客者に紹介する。
  • 散歩中に他の犬と遭遇した際は、リードを短く持ち、必要に応じて反対方向に誘導する。
  • 花火や雷など、犬が怖がる音がする際は、静かな部屋で一緒に過ごし、安心感を与える。

口輪の着用

過去に噛みつきトラブルがあった犬や、他の犬や人との接触が必要な場面では、口輪の着用を検討しましょう。

口輪は、噛みつきを物理的に防ぐ効果があります。

獣医師への定期的な検診

犬が噛み付く理由に健康問題が挙げられることから、犬の健康状態を維持することは、噛みつきトラブルの予防につながります。

定期的な健康チェックを行い、病気や怪我などの早期発見・早期治療に努めましょう。

 

このように犬の噛みつきトラブルは、適切な対策を講じることで防ぐことができます。

飼い主は、犬の行動を理解し、適切な飼育環境とトレーニングを提供することが重要です。

状況に応じた対策や獣医師への定期的な検診も忘れずに行いましょう。

噛みつきトラブルに効果的なしつけ

犬の噛みつきトラブルを解決するためには、効果的なしつけ方法を実践することが重要です。

根本的な原因を解消し、噛むおもちゃで欲求を満たし、噛まれた際には適切なリアクションをすることで、犬の行動を改善することができます。

根本的な原因を解消する

噛みつきトラブルを解決するためには、まず根本的な原因を特定し、解消することが大切です。

犬が噛みつく原因には、ストレスや恐怖心、痛みなどが考えられます。

これらの要因を取り除くことで、犬の精神的な安定を図ることができます。

 

例えば、十分な運動や遊びの機会を提供し、社会化トレーニングを行うことで、犬のストレスを軽減することができます。

また、病気や怪我が原因の場合は、獣医師の診察を受け、適切な治療を行うことが必要です。

噛むおもちゃで欲求を満たす

犬は、噛むことで欲求を満たしています。

そのため、噛みつきトラブルを防ぐためには、適切な噛むおもちゃを与えることが効果的です。

噛むおもちゃを与えることで、犬は人や他の動物を噛む代わりに、おもちゃで欲求を満たすことができます。

 

噛むおもちゃは、犬の年齢や大きさに合ったものを選ぶことが重要です。

硬すぎるおもちゃは歯を傷つける可能性があるため、適度な硬さのものを選びましょう。

また、定期的におもちゃを交換することで、犬の興味を引き続けることができます。

噛まれたらリアクションをする

犬に噛まれた際には、適切なリアクションをすることが大切です。

大きな声で「痛い!」と叫んだり、噛まれた部位を軽く叩いたりすることで、犬に噛みつきが良くないことを伝えることができます。

 

ただし、過度な体罰は逆効果となる可能性があるため、注意が必要です。

犬が噛みつきをやめたら、すぐに褒めることで、望ましい行動を強化しましょう。

 

噛みつきトラブルに効果的なしつけを行うことで、犬の行動が改善されます。

 根本的な原因を解消し、噛むおもちゃで欲求を満たし、噛まれた際には適切なリアクションをすることを心がけましょう。

犬が噛んだ際にやりがちな「しつけの失敗例」

噛み癖のある犬のしつけは、飼い主にとって大きな課題です。

しかし、しつけの方法を誤ると、かえって問題行動を悪化させてしまう可能性があります。

ここでは、噛み癖がある犬の飼い主がやりがちな「しつけの失敗例」を紹介します。

大声や体罰で叱る

噛み癖のある犬に対して、大声で怒鳴ったり、体罰を与えたりすることは、効果的なしつけ方法ではありません。

犬は、飼い主から恐怖心を感じ、かえって攻撃的になる可能性があります。

犬のしつけは、褒めることを基本とし、叱る際にも冷静に行うことが重要です。

大声や体罰に頼るのではなく、犬の行動を観察し、適切なタイミングで褒めたり、無視したりすることが効果的です。

犬の要求を叶える

噛み癖のある犬が、噛むことで飼い主の注意を引こうとしたり、要求を通そうとしたりすることがあります。

このような場合、飼い主が犬の要求を叶えてしまうと、犬は噛むことで要求が通ると学習してしまいます。

 

犬の要求を叶えるのではなく、望ましい行動を褒めることが大切です。

例えば、犬がおもちゃを噛んでいる際に褒めることで、おもちゃを噛むことが良い行動であると教えることができます。

一方、人を噛んだ際には無視するなどの対応を取ることで、噛むことが良くない行動であると伝えることができます。

 

噛み癖がある犬のしつけは、飼い主の根気と一貫性が必要です。

大声や体罰に頼るのではなく、犬の行動を理解し、適切な方法でしつけを行いましょう。

また、犬の要求を安易に叶えるのではなく、望ましい行動を褒めることが大切です。

犬が噛みついてしまった場合の対応

万が一、愛犬が人や他の動物に噛みついてしまった場合、飼い主は冷静かつ迅速に対応する必要があります。

被害者と犬の安全を確保し、必要に応じて警察や救急車を呼ぶことが重要です。

冷静に被害者と犬の安全を確保する

犬が噛みついてしまった場合、まず被害者と犬の安全を確保することが最優先です。

飼い主は、犬をリードや口輪で制御し、被害者から離れた場所に移動させます。

このとき、犬を興奮させないように、冷静に対応することが大切です。

 

次に、被害者の状態を確認します。

出血がある場合は、清潔なガーゼや布で傷口を圧迫し、応急処置を行います。

もし被害者がショック状態にある場合は、安静にして体を温めるようにします。

必要に応じて、警察や救急車を呼ぶ

犬の噛みつきによる怪我の程度によっては、警察や救急車を呼ぶ必要があります。

深い傷や大量出血、意識がもうろうとしているなどの重症の場合は、躊躇せずに救急車を呼びましょう。

 

また、犬の噛みつきが他人の所有物を損壊した場合や、公共の場で発生した場合は、警察に連絡することが求められます。

飼い主は、誠意を持って対応し、被害者との話し合いを行う必要があります。

 

犬が噛みついてしまった後は、飼い主自身が動揺している可能性があります。

しかし、冷静さを保ち、適切な対応を取ることが重要です。

被害者と犬の安全を最優先に考え、必要に応じて警察や救急車を呼ぶことを忘れずに行動しましょう。

Q&A

Q1:犬が噛みつく理由はなに?

A1:犬が噛みつく主な理由は、恐怖心や防衛本能、痛みや不快感、不適切な飼育環境やしつけ、犬種特有の性格などがあります。このほか、子犬の場合は、歯が生え変わる時期の歯茎のむずがゆさや、遊びの一環として噛むこともあります。

Q2:犬が飼い主を本気で噛むのはなんで?

A2:犬が飼い主を本気で噛む理由は、恐怖心やストレス、痛みなどが原因であることが多いです。また、過去に飼い主から強い叱責や体罰を受けた経験がある場合、飼い主に対して恐怖心を抱き、防衛のために噛みつくこともあります。

Q3:犬が噛んだとき、どう叱ればいい?

A3:犬が噛んだときは、大声で怒鳴ったり、体罰を与えたりするのは避けましょう。代わりに、「痛い!」と声を上げて噛むのをやめさせ、その後は無視するのが効果的です。犬が落ち着いたら、おもちゃを与えるなどして、適切な行動を褒めることが大切です。噛み癖が続く場合は、専門家に相談し、適切なしつけ方法を学ぶことをお勧めします。

犬が噛み付く理由を理解し、適切なしつけを行おう!

飼い主は愛犬の噛みつきトラブル防止のため、噛み付く理由を理解し、適切なしつけを行う必要があります。

 

そもそも犬が人や他の動物に噛み付くのは、恐怖心や痛み、ストレスなど様々な理由が関係しています。

本能的な行動や、不適切な飼育環境、しつけ不足も噛みつきの原因となります。

 

噛み付く行為は、被害者に身体的・精神的な被害を与えるだけでなく、犬自身にも大きなストレスを与えます。

そのため、飼い主は犬の行動をよく観察し、噛みつきの原因を特定することが重要です。

 

噛みつきを防ぐためには、十分な運動と遊びの機会を提供し、社会化トレーニングを行うことが効果的です。

また、犬が興奮しやすい状況では、リードをしっかりと持ち、必要に応じて口輪を使用しましょう。

健康問題が理由として挙げられるため、定期的な健康チェックも欠かせません。

 

しつけの際は、犬に恐怖心を与えるような大声や体罰は避けましょう。

代わりに、噛んだ時は「痛い!」と声を上げ、その後は無視するのが効果的です。

 

万が一、愛犬が噛みついてしまった場合は、被害者と犬の安全を最優先に確保します。

深い傷や大量出血など重症の場合は、躊躇せずに救急車を呼びましょう。

飼い主は冷静に対応し、再発防止のために専門家に相談することが大切です。

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■が定休日です。
           
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31