IDOG&ICATはオリジナルの犬服やベッド等のペット用品を直販する公式サイトです。

card_giftcard送料無料3,980円以上のお買上で送料無料 ※北海道と沖縄を除く

call0766-69-7813
schedule受付 10-12時 13-15時

子犬の頃から飼育していると世話がかかるものの、その子が徐々に成長していく姿を見られ、とても嬉しい気持ちになります。

ところが一方で、成長過程において不安に思うこともあるのではないでしょうか?

子犬の頃は犬同士で遊ぶことが大好きだったのに、今は興味を示さなくなったケースです。

 

実はこれは至って普通のことです。

とはいえ、理由がわからない以上、以下のような不安な気持ちが生まれますよね。

 

  • 子犬の頃は他の犬と遊ぶことが大好きだったのになんでだろう?
  • 特定の犬にしか興味を示さないけど大丈夫かな?
  • 犬同士で遊ばないことに何か対策はすべき?

 

そこで本記事では、成長して犬同士で遊ばなくなる理由と、それに関連した問題パターンも合わせて解説します。

理由がわかるとスッキリすると思いますので、お悩みの方は特に最後までご覧ください。

成長して犬同士で遊ばなくなった理由【基本的に問題なし】

成長して犬同士で遊ばなくなった理由は、至ってシンプルで「大人になった」ということです。

人間でも同様のことが言えます。

子供の頃は多くの友達と遊んでいた人でも、大人になるにつれて自分と気の合う仲間を選ぶようになります。

 

つまり、成犬となった愛犬にとっては、自身が選んだ特定の仲間と飼い主さんがいれば十分なのです。

ちなみに成犬になる時期(成犬期)は、正確には犬種や個体差によって変わりますが、以下を目安に考えてください、

 

成犬期前半

  • 小型犬:おおよそ8カ月〜3才
  • 中型犬:おおよそ10カ月〜3才
  • 大型犬:おおよそ1〜3才

成犬期後半

  • 小型犬:おおよそ3〜9才
  • 中型犬:おおよそ3〜8才
  • 大型犬:おおよそ3〜7才

 

また、犬の性格によっても差が生じます。

元から社交性のある個体がいれば、そうでない個体も存在します。

そのため、犬同士遊ばなくなったからと言って、無理やりコミュニケーションを取らせようとするのはNGです。

 

強要は愛犬にとって、精神的なストレスを与えてしまいます。

参考:飼い犬がストレスを感じているサインとは?4つの発散方法も徹底解説! #182

 

このように大人になっただけなのであれば、対策は不要です。

しかし、愛犬の行動によっては対策すべきこともあります。

威嚇する場合は「社会化」ができていない

散歩の道中や公園などで、他の犬に対して威嚇したり、吠えたりする場合は「社会化」ができていない可能性があります。

そもそも社会化とは、言葉通りで「社会に順応する能力を養うこと」です。

 

それに適した期間が「社会化期」と呼ばれます。

社会化期は、生後おおよそ3週齢~14週齢です。

 

この期間に体験したことは順応しやすい傾向にあります。

そのため、社会化期にうまく社会化ができていない場合、成犬になっても他の犬や他人との接し方がわからず、威嚇したり吠えたりしてしまいます。

 

ちなみに社会化期を過ぎても、社会化は可能です。

しかし、根気よく慣れさせる必要があります。

子犬の頃であれば、柔軟に周りの環境を受け入れられますが、成犬になるとやや困難です。

 

人間も成人した人の性格を変えることは難しいですよね。

犬にも同じことが言えるのです。

 

とはいえ、そもそも他の犬や人とあまり遭遇しない環境下であれば、無理に社会化させる必要もないでしょう。

また、「他の犬と遊ばせたい!」といった人の感情だけで、社会化させることもNGです。

散歩する道中や飼育する環境下などで、他の犬や人に迷惑がかかってしまう場合に、社会化させる必要性が生じます。

この判断ポイントは、愛犬と飼い主さんの生活環境によって異なります。

成犬してから社会化させるコツ

成犬してから社会化させるためには、さまざまな物や環境にゆっくり慣れさせることが重要です。

慣れさせる対象は、以下のものが挙げられます。

  • 家の中の環境
  • 外の世界
  • 様々なタイプの人
  • 犬同士の交流

 

「うちの子は社会化ができていない!早くなんとかしないと!」といった焦りは禁物です。

第一に優先すべきは愛犬の気持ちになります。

 

環境に慣れさせるためのコツは以下の通りです。

  • 散歩に連れていく(普段行かないコースも)
  • 少人数ずつ人に会わせる
  • 犬同士の交流の場に連れていく
  • 普段通りに振る舞う
  • 口輪を活用する(特に大型犬の場合)

散歩に連れていく(普段行かないコースも)

散歩に連れていくことは、犬を飼育している人にとって当たり前のことでしょう。

しかしこの際、社会化のためにあえて普段あまり行かないコースも行くようにします。

新鮮な環境は犬にとって刺激になります。

少人数ずつ人に会わせる

人に慣れさせるために知人に会わせる際は、少人数ずつ行います。

特に一人一人が理想です。

 

方法としては、知人にゆっくり近寄ってもらい優しく呼びかけてもらう、もしくはおやつなどを与えてもらいましょう。

愛犬が好意を抱けば、その人と友好的な関係を築きやすくなります。

しかし、嫌な反応を見せたときは、それ以上の無理強いはNGです。

犬同士の交流の場に連れていく

犬同士の交流の場に連れていくことも、社会化には重要です。

具体的には、犬の散歩している人が集まる公園や、ドッグランなども有効です。

 

ここで注意点があります。

それはいきなり群れに入れないことです。

 

社会化できておらず、威嚇的な行動をとってしまう犬は、他の犬や飼い主さんに迷惑をかけてしまいます。

そのため、当然のことながらマナーとして、きちんとリードを着用させておきます。

また、慣れない環境下にいきなり飛び込ませることは、愛犬にとってもストレスになり得ます。

 

交流の場でのコツは、段階を踏むことです。

まずは離れたところから眺めさせる程度で良いでしょう。

 

慣れてきたら、他の犬のにおいを嗅がせたり、スキンシップを取らせます。

この際、上手くできたら褒めてあげる、おやつを与えるなどを忘れないようにしましょう。

これらの行動と同時にご褒美を与えることで、「スキンシップを取ることは良いことなんだ」と認識してくれやすくなります。

普段通りに振る舞う

飼い主さんが普段通りに振る舞うことは、大変重要です。

犬が粗相をしてしまっても、きつく叱りつけてはいけません。

犬にとって、恐怖は強いストレスになります。

 

粗相をしてしまいそうになった場合は、一旦その場を離れる、歩く方向を変えるなどして、意識を逸らすことが効果的です。

見る景色を変えてあげるだけでも、犬の気持ちを落ち着かせられます。

口輪を活用する(特に大型犬の場合)

口輪の活用は、相手に怪我を負わせないようにするために、必要であれば着用します。

特に大型犬の場合は、体が大きいことから噛む力も強く、人間相手でも怪我をさせてしまう危険性があります。

社会化できていない成犬であれば、急に怒り出すことも考えられるので、この点は注意しましょう。

愛犬にも個性がある!気持ちを最優先してあげよう!

愛犬にも個性があるため、その子の気持ちを優先してあげましょう。

成犬になって、昔ほど犬同士で遊ばなくなることは、至って普通のことです。

簡潔に言えば、大人になったということ。

そのため、他の犬や人と無理にコミュニケーションを取らせる必要はありません。

 

気の合う仲間を自分自身で選別し、その特定の犬とだけコミュニケーションを取っていても、それが普通です。

それに加えて、大好きな飼い主さんがいれば、愛犬にとって十分なのです。

 

しかし一方で、散歩中や他の犬との遭遇で、威嚇したり吠えてしまう場合は、社会化ができていない可能性も考えられます。

社会化期に社会化できていなければ、そのような行動を取ってしまいます。

成犬になってからでも社会化は可能ですが、根気よく時間をかける必要があります。

 

成犬してから社会化させるためには、以下のような環境にゆっくり慣れさせる必要があります。

  • 家の中の環境
  • 外の世界
  • 様々なタイプの人
  • 犬同士の交流

 

この際、愛犬にストレスを与えてしまっては、健康面で悪影響を及ぼしますので、無理強いは禁物です。

また、そもそも誰とも会いにくいなどの生活的な環境面から「社会化させる必要ない」と思う場合は、無理にさせることもないでしょう。

大切な家族である愛犬に良質なアイテムを!【IDOG&ICAT】

日々を一緒に過ごし、いつもあなたを癒してくれる愛犬は、れっきとした家族の一員です。

 

そんな愛犬の一生は、飼い主であるあなたと過ごす時間で決まります。

どうせなら楽しく、リラックスできる時間を長く作ってあげたいですよね。

また、あなたも愛犬の可愛い姿や、楽しんでいる姿をできるだけ多く見たくありませんか?

 

幸せな時間を創出する1つの手段が、飼い犬のために作られたグッズやアイテムです。

実はこれらのアイテムは、愛犬がリラックスできる時間を生み出すだけではなく、健康状態の改善にも大きく役立ちます。

ペットの幸福度を高めながら体のケアもできるなんて、一石二鳥ですよね!

 

もし、あなたの愛犬や飼い主さんが以下のように感じているのであれば、アイテムで解決できる可能性があります。

  • 服を着せても嫌がってしまう
  • 抜け毛が多くて悩んでいる
  • ご飯を食べるときの体勢がしんどそう

 

このような場合、愛犬にとって着心地の良い「ドッグウェア」や、抜け毛に特化した「ブラシ」、食事に配慮した「食器台」などが有効的です。

 

アイテムが全てではありませんし、無理に多くのものを揃える必要はありません。

しかし、あなたの愛犬にとって、「必要かも!」「あれば喜ぶかも!」と思えるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

犬グッズを扱っている通販サイトは数多く存在しますが、せっかくならIDOG&ICATがオススメです。

IDOG&ICATは創業33年の縫製工場を母体とするペットグッズメーカーです。

縫製工場から派生した老舗メーカーだからこそ、品質にこだわった最高級の犬グッズをお客様に提供しています。

 

IDOG&ICATの大きな特徴は、ペットのことを第一優先に考えた商品づくりです。

愛犬が至福の時間を過ごせるように、最高の心地よさと機能性を追求したグッズを豊富に取り揃えています。

あなたと愛犬がいつまでも幸せな生活を送るために、IDOG&ICATで極上の1品を見つけてみませんか?

IDOG&ICATのこだわりのアイテムはこちら

天パ猫をこよなく愛するWebライター。現在飼っている猫の数は7匹。幼少期より猫を飼い続けているため、メジャーなことからニッチな情報まで熟知しています。読者にとって有益かつ読みやすい文章を心がけて執筆しております。ご依頼はTwitter(@tenpa_freedom)のDMまでお願いいたします。

paymentお支払い方法について

クレジットカード

IDOG & ICATでは、以下のクレジット会社をご利用いただけます。

代金引換

代引手数料 … 330円
手数料が別途発生します。

コンビニ後払い

           

手数料 … 209円(税込)
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「銀行」「アプリ」で後払いできる決済方法です。手数料が別途発生します。払込票は商品とは別に郵送されます。発行から14日以内にお支払い下さい。なおご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)までとなります。

その他お支払い方法

local_shipping送料・配送について

北海道・沖縄を除き、
3,980円(税込)以上の
お買い上げで送料無料

商品はご注文確認後、1~2営業日以内にお届けします。

宅急便(佐川急便)

北海道 1,210円
東北・四国・中国・九州 880円
関東・関西・信越・北陸・中部 660円
沖縄 1,760円

ご注文いただいた商品は、佐川急便にて手配をさせて頂きます。

             

メール便(ゆうパケット)

日本全国(1通につき) 297円

※発送は"商品一点につき一通"とさせていただきます。
※お届けがポスト投函になりますので、日時指定、代金引換でのお支払はお受けできません。
※メール便対象外商品が含まれるご注文は、宅配便発送になります

ご注文確認メール

昼12時まで 営業日の場合、当日にご連絡
昼12時以降 翌営業日にご連絡

お昼時までにいただいたご注文は、お昼頃までに「ご注文確認メール」を担当者よりお送りさせていただきます。(休業日は除く)
それ以降のご注文につきましては、翌営業日にご連絡させていただきます。

mailお問い合わせ

mailメールでのお問い合わせ

callフリーダイヤル : 0120-37-1525

携帯電話 : 0766-69-7813(有料)

電話受付

10:00~12:00 / 13:00~15:00
※休業日は除く

calendar_today営業日

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■が定休日です。
           
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31